「R-body」タグアーカイブ

世界一のストレッチ

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っているますだ治療院です。

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。講座の中で、「アクティブストレッチ・ワールドグレイテスト」というストレッチの種目を教わりました。

これは、5つのポーズを連続して行うストレッチです。

まず、片膝立ちで、膝をついている方の手を上に伸ばして2回深呼吸。

次に、①で伸ばした手を横に倒して2回深呼吸。

次に、上げていた手を、立てている膝の外側に当て、逆の手を後頭部に当て、上半身を捻って2回深呼吸。

次に、③で後頭部に当てた方の肘を床に近づけて2回深呼吸。

最後に、足を前後に広げ、上半身を前に倒して2回深呼吸。

教わった時の印象は、「5つもポーズがあって覚えられないよ」「世界一偉大なストレッチって大袈裟な名前だな」くらいの感じでした。

しかしこれが、後になってみると、全身の重要なストレッチを組み合わせた、実に良くできた種目だと気付くのでした。

①は股関節前面の、②は股関節前面と体の側面の、③は胸椎の回旋の、④は内モモとお尻の、⑤はモモ裏とふくらはぎのストレッチになっています。

どんなスポーツでも日常生活でも、胸椎回旋股関節屈曲・伸展の柔軟性は特に大切なので、1つの種目でそれらを網羅しているこのストレッチはうまく考えられていると思います。

私は、サーフィンの前など時間が無い時には、このストレッチだけやる事にしています。「ワールドグレイテスト」かどうかは、みなさんもやってみて下さい。

※ それぞれのポーズの説明と注意点を加えた「完全版」を公開しました

 

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

自分にとって必要と感じたらやる

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っているますだ治療院です。

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。R-bodyでは、リーチプログラムといって、クライアントとのコミュニケーションを学ぶプログラムがあるのですが、ここでもいくつもの気付きがありました。

【自分にとって必要と感じたらやる】

リーチプログラムの中で、特に印象に残ったのは「クライアントは自分にとって必要と感じたらやる」という話です。

「このトレーニングはあなたにとってなぜ重要なのか」「このトレーニングをやるとあなたにどんな良いことがあるのか」をしっかり伝えれば、クライアントはトレーニングを続けてくれるという事です。

そのためには、

1.クライアントの訴えをしっかり聞くこと(今困っていることは何か?どうなりたいのか?)

2.客観的に評価すること(動作評価、動作分析など)

3.1と2をつなげて説明すること

が重要だと繰り返し言われました。

これまでの自分を振り返ると、決してこれらを十分に行ってきたとは言えません。患者さん達のトレーニングが続かないのはそのせいだったのかもしれません。

【積極的に承認する】

もう一つ、自分に足りなかったと思い当たるのは、「承認」の少なさです。

リーチプログラムでは、トレーニングやその結果に対して、できていることを見つけて、言葉とともに表情や声のトーンなどでそれを伝える「承認」というスキルを使います。

これも今後、積極的に行うことでもっと患者さんのモチベーションをあげられたらと思いました。

(まだつづく)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩が回らないのは首のせいだった

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っているますだ治療院です。

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。終盤の総合演習中に忘れられないことがありました。

【肩が回らないのは首のせいだった】

この日は、クライアント役を連れて行って、その方に対して問診から動作評価・分析、その結果に基づいたトレーニングプログラム作成・指導までを行うという演習でした。

当初クライアント役をお願いしていた方が都合がつかず、急遽、その方の妹さん(初対面)に来て頂きました。

この方は動作評価で、写真のような手を背中に回す動作に問題ありということになり、それを分析したところ、肩関節の回旋以外に、首の可動性に問題がある事がわかりました。

そこで私は、首のトレーニングをプログラムに入れて指導したところ、その場でみるみる肩の動きが良くなり、当初、背中に回した左右の手の距離が30cmだったのが、最終的には6cmにまで改善し、完全に「問題なし」になってしまいました。

その時私は、動作分析とトレーニングだけで問題が解決するところを初めて目の当たりにして、とても感動しました。

もちろん持続性などは追跡する必要がありますが、「動作評価 + トレーニングは臨床で使える!」と確信した瞬間でした。

さらにつづく)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

トレーニングでしか良くならないもの

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っているますだ治療院です。

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。

【トレーニングでしか良くならないもの】

R-bodyでは(というよりSFMAでは)、関節の動きが悪い場合、その原因が、MD(筋肉や関節の組織自体が硬い)なのか、SMCD(神経や筋肉の連係がうまくいっていない)なのかを運動検査で分類します。

そして、SMCDが原因であればトレーニングで改善できる、むしろトレーニングでしか改善できないというのです。さらに、関節の可動性の問題の原因の多くはSMCDだとも。

これは、手技療法や鍼で関節可動域と戦ってきた者としては衝撃的な話でしたが、13年間25万回のトレーニングセッションの結果だと言われると、追試してみるしかないという事になりました。

【コアの大切さ】

自分でもトレーニングを練習するようになって特に良かったのは、コア(お腹)に力が入ると、手足の関節の可動域が広がったり、代償動作が出にくくなる事を実感できたことです。

ここでいうコアとは、横隔膜、骨盤底筋、腹横筋、多裂筋などに囲まれた、下の画像の斜線の部分です。

R-bodyでは、このコアを安定させながら、手や足を動かすトレーニングをたくさん教わりました。

トレーニングを通して、コアを安定させながら動作するという事が、スポーツのパフォーマンスアップだけでなく、腰痛や肩こり改善のためにも必要だということが理解できました。

(さらにつづく)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

コンディショニングコーチはじめました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っているますだ治療院です。

先月、最後の筆記試験をクリアして、晴れてR-bodyコンディショニングコーチに認定して頂きました。

これまで特にスポーツに深く関わって来なかった私が、この歳でトレーニング指導をやるようになるとは思ってもみませんでした。

 

【コンディショニングコーチとは】

コンディショニングコーチとは、その名の通り、「良いコンディションに導く人」です。

コンディションと言っても意味が広いですが、ここで言う良いコンディションとは、「痛み無くスムーズに身体が動かせること」です。これは、スポーツ選手に限らず、全ての人にとって大切なことで、いわゆるトレーニング以前に必要なことです。

フィットネスジムやスポーツトレーナーはたくさんいても(あっても)、ここに力を入れている人は少ないです。

 

【なぜコンディショニングコーチを目指すことになったか?】

20年以上、鍼灸と手技療法の施術者として、主に運動器(関節、神経、筋肉等)の患者様をみさせて頂きましたが、施術だけではなかなか良くならなかったり、良くなっても戻ってしまったりという事を経験していました。

その中で、トレーニングの必要性は感じていて、実際に患者さんにストレッチや筋トレを指導することもありましたが、私自身がちゃんと勉強していないため説得力に欠けるところがあり、継続させられなかったり、思うように結果を出せていませんでした。

そこで、コンディショニングに必要な評価とトレーニングをイチから教わるためにR-body project が行うR●ACADEMYを受講することにしました。

私が申し込んだ時は、まだ、動作の評価や分析を学ぶコースとトレーニング指導を学ぶコースが分かれていて(今は一緒になっているようです)、当初私は動作評価・分析のコースのみを受講するつもりだったのですが、カリキュラムが進むにつれて「動作評価・分析だけできても、トレーニングについての理解がないとあまり意味がない」という事に気付かされ、トレーニング指導のコースも受講することにしました。

期間も費用も倍になるため、少し悩みましたが、結果、トレーニング指導のコースも受講して大正解でした。

(つづく)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩甲骨を機能させる!

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストレーニング指導を行っているますだ治療院です。

今発売中のコーチング・クリニック誌に、R-body project 代表の鈴木岳氏の記事が掲載されています。

今月号は「肩甲骨を機能させる!」という特集なのですが、肩甲骨だけでなく全身の関節に当てはまる二つの大事なことを書かれていました。

一つは、「原因を見極める」です。

これは、肩甲骨の可動性や安定性が悪いからといって、単純に肩甲骨まわりストレッチやトレーニングだけをやっていてもダメだという事です。

むしろ、背骨や首、股関節など別の関節に問題がある事によって肩甲骨の可動性・安定性が悪くなっているケースが多いので、それを見つけて改善しないといけないという話です。

これには、全身の動きをチェックする動作評価・動作分析が必要です。

もう一つは、「改善させるには順番がある」です。

これは、まず関節の動く範囲が狭ければそれを改善し、次に床に寝るなど重力のかからない状態での関節の安定性を改善し、最後に立つなど姿勢維持筋を働かせた状態での関節の安定性を改善しましょうという事です。

我々が手技や鍼でできるのは、関節の可動性を改善させることだけです。安定性獲得のためにはトレーニングが必要です。

ますだ治療院では、動作評価・動作分析とその結果に基づいたトレーニング指導を行っております。

ゴールデンウィーク中は無料体験も行なっておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

動作分析はじめました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

私は先週から週2回、東京・大手町のR-body projectというところにトレーニング指導の勉強に通っています。

私がこちらで学んでいるのは、スポーツのパフォーマンスを上げるようなトレーニングではなく、それ以前に体がちゃんと機能するように持って行くコンディショニングというものです。

これは、スポーツ選手だけでなく、一般の方が普段の生活で痛みなく過ごすためにも、ぜひ取り入れた方が良いトレーニングだと思います。

コンディショニングを行うには、まず、その人の体がどういう状態であるかを、姿勢動作などから分析する必要があります。

R-bodyでは、FMS(Functional Movement Screen)とSFMA(Selective Functional Movement Assesment)という評価法を中心に動作分析を行います。

というわけで、私は今、FMS/SFMA動作分析の練習中です。こればっかりは数をこなすしかないので、練習台になってくれる方を募集中です。

練習台になっても良いよ、という方がいらっしゃいましたらこちらまでご連絡下さい。場所はますだ治療院、時間は月~水の営業時間内で約50~60分です。

まだかなり「つたない」ですが、動作分析をさせて頂き、その結果(足首の可動域に問題があるためうまくしゃがめていない、体幹の筋力が弱いため腰の反りが起きている、など)をお伝えします。

もちろん無料ですが、結果に対する施術やトレーニングメニューの作成は行いません。お問い合わせお待ちしております!

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる