タグ別アーカイブ: 頭痛

こめかみの頭痛に対するトリガーポイント療法

 

こんにちは!神奈川県鎌倉市頭痛に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

昨日最後の患者様は、3日前からの左右のこめかみ周囲の頭痛を訴えて来院されました。

ご本人は、もともと肩こりがひどいので、それとの関連を疑っていらっしゃいましたが、首・肩まわりの筋肉を触っても、こめかみへ響くところはありませんでした。

そこで、こめかみと関係の深い、顎(あご)の筋肉を触った所、「こめかみに響きます!まさに痛い時の感じです!」とおっしゃいました。

ということは「顎の筋肉(筋膜)に、こめかみ頭痛の原因であるトリガーポイントが形成されている」と考え、その場所を指先で刺激しました。(下の画像の黄色いところです)

さらに、「歯ぎしりや食いしばりの問題はありませんか?」とお尋ねしたところ、「以前、歯医者さんで食いしばりを指摘され、就寝時のマウスピースを処方されましたが、付けていませんでした」との事でしたので、寝る時にはそれをお付け頂く事と、トリガーポイントの場所をプリントしてお渡しし、ご自身でもセルフマッサージして頂くようアドバイスさせて頂きました。

そして、お帰りの際には、「すっきりしました」と言っていただきました。

このように、ご本人が思っているところと別の場所に痛みの原因トリガーポイント)があるケースはめずらしくありません。頭痛でお悩みの方はぜひご相談下さい。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

首こりと頭痛、自律神経症状

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

先日、首こりによる頭痛があり、それに伴って胃痛などの体調不良を訴えて来院された方から、施術後のご感想をいただきましたので掲載させて頂きます。

voice14

お名前:H.S.様  年齢:46歳  性別:男

お悩みの症状:首からの頭痛⇒体調不良

コメント

初回で首の奥(?)のポイントを探し出して頂き、鍼によるひびきを感じるなどの反応を見ながら自身でも「ここが悪い所なんだ」と認識することが出来ました。

施術が終わってみると今までにない軽さを感じ、体調不良も大きく改善された様に感じ、初回でこんなに変わるのかとおどろきました。

その際に教えていただいたストレッチなどにより以降も調子良く過ごせています。

(以上、原文のまま)

 

この方は、長年、頭痛胃痛などの体調不良に悩まれており、胃については手術も受けたが改善せず、医師に「自律神経の問題」と言われていたそうです。

ご本人は、それらの問題の原因がにあるのではないかと考えられ、当院にいらっしゃいました。

初診時、を触診したところ、押すと痛く、頭にひびく場所があったので、そこに付着している筋肉を中心にトリガーポイント治療を行ったところ、直後より症状の軽減を自覚されました。

自律神経の不調との関係は、まだよくわかっていませんが、疲労感頭痛めまい吐き気などのいわゆる自律神経症状をお持ちの方が、同時に首こりを訴えられるケースは多く、その中には、この方のように首こりに対する施術で自律神経症状が改善する例があります。

もちろん自律神経症状の原因は様々ですし、運動器疾患のように「こう動かすと痛む」などの再現性に乏しいため、適応・不適応の判断は難しいのですが、病院での検査で原因がわからず、首こりとの関連が疑われる方は一度ご相談下さい。

 

⇒書いてる人を見る

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

頭痛にハリ治療

088

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

また、NHK「ためしてガッテンハリ治療が取り上げられましたね。

先週放映された「頭痛を元から断つスペシャル」で、痛くなる前にやるべき事の一つとしてハリ治療が取り上げられ、鎌倉逗葉鍼灸マッサージ師会で毎年講習会をお願いしている埼玉医大の山口智先生が施術風景を取材されていました。

ますだ治療院でも頭痛のお悩みで来院される方は多く、ハリ治療に抵抗のない方には積極的に施術を行っています。当院では、「刺激するといつもの頭痛と同じ場所に同じような痛みが出る場所=責任トリガーポイント」を探し出し、ハリまたは手で刺激した後ストレッチし、ご自宅でもマッサージやストレッチをやって頂きます。

ただ、頭痛の原因になる可能性のある筋肉は首の周りを中心にたくさんあるので、その中のどの筋肉のどの部分にトリガーポイントが形成されているかを探し出すのは容易ではありません。しかしうまく見つけて刺激してやると、多くの場合頭痛の頻度や程度が改善します。頭痛でお悩みの方は一度お試し下さい。

ちなみに、当院に片頭痛偏頭痛)といって来院される方の半数以上が緊張型頭痛と思われます。頭の片側が痛いのが片頭痛ではありません。詳しくはこちらをご覧下さい。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる