「肩甲挙筋」タグアーカイブ

肩こりの原因と結果

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っているますだ治療院です。

前回までは腰痛について書きましたが、今回は肩こりのお話です。肩こりにも原因と結果があり、どちらか片方へのアプローチだけでは、なかなか改善しません。

 

【原因1.タテの丸さ】

肩こりの原因も姿勢によるところが大きいです。

座っている時に、骨盤が後傾して背中が丸くなると、必然的に頭が前に行くために、頭を支える首や肩の筋肉に大きな負担がかかります。

このような姿勢を改善するためのセルフケアについては、前回の腰痛編と共通しますので、そちらをご覧ください。

 

【原因2.ヨコの丸さ】

肩こりの場合はもう一つ、横方向の丸さも問題になります。

パソコンや携帯、家事や育児など、何をするにしても体の前で作業をすることが多いので、どうしても肩の位置が前になり、肩甲骨(黄)が外に広がります。そして、こういう姿勢が長いと、肩甲骨と背骨をつないでいる筋肉(赤)に負担がかかります。

このような姿勢を改善させるには、下の写真のように、胸を開いて肩甲骨を寄せる運動がおススメです。手のひらを外に向けるとより胸が開きます。

肩甲骨を寄せる時に肩をすくめないように注意しながら、1セット10回を仕事や家事の合間にやってみて下さい。

 

【結果】

1番上や2番目の写真のような姿勢の結果、首や肩、肩甲骨周囲にコリや痛みを感じるのですが、発痛源(トリガーポイント)は、下の画像の黄色の矢印、肩甲挙筋(青)と僧帽筋(半透明)の重なっているあたりにある事が多いです。

ただ、これは人によって違いますし、トリガーポイントを見つけて刺激するのはなかなか難しいので、われわれプロに任せて頂きたいと思います。

腰痛の回でも書きましたが、結果の治療はプロに任せ、原因の改善は自分で行うというスタイルがオススメです。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩こりの原因と解消法

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。今日は、一般的な肩こり原因とその解消法について書きたいと思います。

①肩こりの原因

多くの肩こり原因は、パソコンや携帯電話などによる「長時間の同姿勢」です。

その際、頭を支え続ける筋肉や、腕を空中で固定し続ける筋肉が疲労して硬くなり、その結果、血流が悪くなります。

そのような状態が繰り返されると、その筋肉に過敏な部位(トリガーポイント)が形成され、常に肩こり痛み、場合によってはしびれを感じるようになります。

②肩こりの解消法(対症療法)

上記の「頭を支える」にも「腕を固定する」にも関係している肩こりの代表的な筋肉が肩甲挙筋(下の画像の青いところ)です。

肩甲挙筋は、ご覧の通りその大部分を他の筋肉に覆われており、体表から触れるのはほんの一部です。また、うつぶせになると、その後ろの僧帽筋(矢印の筋肉)が覆いかぶさってしまい、マッサージや整体でも施術されないことが多いです。

ですので、他人に触ってもらう場合は、座った姿勢か、横向きに寝て腕を体の横~後ろに置くとやりやすいです。

ご自分で対処される場合は、座った姿勢で、矢印の僧帽筋をめくるように肩甲挙筋の奥に指をつっこんだまま、逆の方向に頭を倒してストレッチをすると、比較的簡単に刺激できます。

③肩こりの解消法(根本的改善)

肩こりの根本的な改善のためには、やはり原因を取り除くか減らすしかありません。つまり、「パソコンやスマホの時間を減らす」か、「その時の姿勢を負担の少ないものにする」という事です。

前者ができるに越したことはありませんが、難しい方も多いと思いますので、後者の姿勢について説明します。

例えば、デスクワークの時の理想的な姿勢は下の絵のようなものです。(「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」伊藤和憲監訳、緑書房より)

この姿勢を取るには、骨盤を立てて座ることが必須です。上半身だけ良い姿勢を取ろうとしても無理があります。

骨盤を立てて座るためには、骨盤の後に枕を挟んだり、座面が前傾した椅子に座るなどの方法もありますが、太ももの裏やお尻の筋肉をやわらかくしておく事も重要です。その際は、テニスボールやフォームローラーでマッサージした後にストレッチを行うのがお勧めです。

肩こりに太ももやお尻?」と思われるかもしれませんが、太ももやお尻が硬い→骨盤後傾→背中が丸くなる→頭が前に出る→首~肩の筋肉が疲れる、というのはよくあるパターンなのです。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒