「肘」タグアーカイブ

手をついた時の肘の痛み

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

昨日の症例です。訴えは、手をついたり、手首を動かすとが痛むというものでした。

まずは、痛む場所と痛みの出る動作から、いわゆるテニス肘(上腕骨外側上顆炎)を疑って、手首を動かす筋肉(手関節伸筋群:下図の青い部位)の筋膜リリースを行いました。

リリース後に手をついてもらって聞いたところ「少し楽になった気がします」との回答。患者さんがこういう言い方をされた場合は、ほぼ的外れです。

そこで、今度は肘筋(ちゅうきん:下図の青い部位)を触ったところ「先生、そこです!僕の悪い所そこです!」と声を上げられました。

そこで肘筋をていねいにリリースした後、もう一度手をついてもらったところ、「全然痛くないです!」との事。「これでサーフィンのテクオフやドルフィンスルーが楽になります」と喜んで帰られました。

肘の痛みは、骨や関節の問題と思われている方も多いですが(この方もそうでした)、このように筋肉(筋膜)が問題のケースは非常に多いです。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ピアニストの肘と指の痛み

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

当院には、様々な楽器の演奏者がいらっしゃいます。先日、痛みで来院された方は、音大受験を控えた学生ピアニストさんでした。音大を目指される方は皆そうですが、この方も休日は8時間ぐらい練習されるということでした。

 

痛みの方は、今練習している曲が親を意識するものらしく、弾いている時に親の付け根が痛むとのことでした。

そこで、親を色んな方向に力を入れてもらう運動検査で、いたんでいる筋肉を見つけました。この方の場合は、短母指屈筋(下図の青い部位)でした。

 

痛みの方は、練習しているとだんだんに両が痛くなってくるということでした。こちらは、を動かしてもらっての運動検査では痛みが出なかったため、の周囲を触って痛む場所を探す触診を行いました。

すると、左右とも肘筋(下図の青い部位)を押すと、練習中に出るような痛みが再現されました。

 

いずれも手でその筋肉を刺激し、ご自宅でもセルフマッサージができるよう指導させていただきました。また、長時間の同姿勢による肩こりや背中の張りも痛みの遠因になることを説明致しました。

整形外科などでは、痛みは関節の問題と言われる事が多いのですが、当院では筋肉の問題(筋膜性疼痛症候群)ととらえるケースが多いです。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる