タグ別アーカイブ: 筋膜リリース

治らない腰痛は、上・中殿皮神経が原因?

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

最近、一部で「治らない腰痛…お尻のでっぱり部分を押すと痛むなら上・中殿皮神経が原因か」というネット上の記事が話題になっています。(元記事はこちら

この記事では、「腰痛の1割が上・中殿皮神経の締め付けで起きているが、それを知る整形外科医は少ない」「治療法としては、神経ブロック注射と末梢神経剥離手術がある」としています。(下の図の青い部分が上殿皮神経)

私も、難治性の腰痛坐骨神経痛と言われているものの中に上・中殿皮神経の締め付け(というより癒着)が原因のものがあると思っていますが、治療としては、手で神経と他の組織との癒着をはがす筋膜リリース(組織間リリース)が、体へのダメージが少ないので、ファーストチョイスだと思います。

また、この記事では、お尻のでっぱり部分(上の図のピンクの丸印あたり)を押すと最も痛く、いつもの痛みやしびれが現れる場合は、上・中殿皮神経障害の可能性があるとしていますが、実際には判別はなかなか難しいです。

ご自身の腰痛やしびれが上・中殿皮神経障害かなと思われたら、まずはご相談下さい。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

組織間リリース(ISR)のセミナーに参加してきました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は治療院をお休みさせて頂いて、都内で行われた、組織間リリースISR)のセミナーに参加してきました。

組織間リリースISR)とは、広島国際大学の蒲田和芳先生が開発された手技療法で、筋膜筋膜の間にある疎性結合組織(下の画像参照、「ビジュアルで学ぶ筋膜リリーステクニック」医道の日本社より)の癒着を指先ではがすことによって、筋膜どうしの滑りを改善するテクニックです。

隣り合った筋肉が、別々の方向に動かなければならない事はよくあるのですが、その際それぞれの筋肉を包んでいる筋膜どうしがくっついたり滑りが悪いと痛みやしびれ、関節の動きが悪くなるなどの原因になります。

さらに、筋膜間だけでなく、筋膜と皮膚、筋膜と神経、筋膜と関節包など、様々な組織間でも癒着がおきる可能性があり、それらも施術対象となるため組織間リリースといいます。

最近、「筋膜リリース」や「筋膜はがし」という言葉がちょっとしたブームで、テレビや雑誌、ネット上などでも良く見るようになりましたが、蒲田先生によると、実際の筋膜自体は、手やフォームローラーで簡単にはがせるほどヤワなものではないそうです。

蒲田先生に直接ご指導いただくのは初めてでしたが、テクニック自体は非常に繊細で、かなり指先の感覚と解剖学の知識が求められるものでした。

9/23(土)と10/21(土)も引き続きご迷惑をかけてこのセミナーに出席させて頂きますが、皆様の痛みやしびれ、関節可動域の改善に役立てたいと考えておりますので何卒ご理解願います。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

膝痛に悩まれている方へ

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

「けんいち(ベースボールマガジン社)」という雑誌の膝痛特集で、最近私がフォローしている広島国際大学の蒲田和芳先生の「膝痛解消RRRプログラム」という記事が載っていました。

蒲田先生曰く、日本人の変形性膝関節症のほとんどはO脚変形であり、そのほとんどに、つま先が外を向く「下腿外旋拘縮」が認められるそうです。

下腿外旋拘縮」は、軟部組織(腱、靭帯、筋膜、皮膚、脂肪組織など)の癒着によって、膝から下が外側にねじれた状態です。

RRRプログラムでは

  1. 痛みを解消し、関節の適切なアライメント(配列)を獲得し、
  2. 良好なアライメントを維持するための筋活動パターンの構築して継続的な効果につなげ、
  3. マルアライメント(配列異常)が再発しないための好ましい運動習慣の獲得で再発予防を図る

という3つを治療プロセスの柱にしています。これは、膝痛以外にも肩や腰・股関節などあらゆる部位の問題に対応していると思います。

皮膚や皮下脂肪が筋膜にはりつくと筋肉の動きを妨げ、じん帯や関節包にはりつくと関節の動きを妨げますが、徒手的な治療技術(リリース)でそれらをはがすとアライメントが正常な位置に戻り、多くの場合痛みも軽くなります。

リリースの手法は色々あると思いますが、蒲田先生は「筋膜リリース」という言葉を使わず、「組織間リリース®」という独自の手法を使っています。余談ですが、私も9月と10月に組織間リリース®のセミナーに参加するので今から楽しみです。

ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが、記事では、膝の外側、太ももの表・裏の皮膚と筋膜の癒着をはがす方法が紹介されていました。

リリース後はねじれを直すエクササイズを行い、筋力トレーニングやストレッチングで良好なアライメントを維持します。

記事では、ニーアウトスクワットやふくらはぎのストレッチングなどが紹介されていました。

一般向けの雑誌にしてはかなり専門的な内容ですが、私は非常に優れた記事だと思います。膝痛で悩まれている方は読まれることをお勧めします。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩甲骨はがし、筋膜はがし

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

今日の午前中の患者さんに、「肩甲骨のあたりがつらくてしょうがないんですが、最近、整体などでやっている肩甲骨はがし筋膜はがしというのは効くんでしょうか?」と聞かれました。

たしかに〇〇はがしというネーミングはインパクトがあっていかにも効きそうです。

まず、肩甲骨はがしというのが何を指すのかがはっきりしませんが、おそらく下の写真のように肩甲骨の裏側に指を入れる手技だと思います。一見して「効きそう!」ですね。

おそらくこの施術を受けたい人は、このあたりにつらさを感じてるんでしょう。しかし、このアプローチで刺激できる菱形筋や肩甲骨の裏側の肩甲下筋をいくら刺激してもそのつらさは改善しないと思います。

また、筋膜はがし筋膜リリース)については以前にもこのブログに書きましたが、多くの情報はデタラメです。「筋膜はがしやってもらったけど痛くて気持ち良かった!」と言っている時点で、多分それは単なるマッサージです。

マッサージが悪いと言ってるのではありません。むしろ的確な部位へのマッサージなどの刺激こそが、痛みやしびれの改善に最も効果的だと思います。問題は、刺激すべきところはどこかという事です。つらいところをマッサージすれば良いわけではありません。

肩甲骨あたりのつらさの原因にも色々なパターンがありますが、うちに来院される方の場合、少なく見積もっても半数以上が肩甲挙筋(下の図)の問題です。つらい場所と原因の場所は違うのです。これをトリガーポイントといいます。

今朝の患者さんも、手や鍼(はり)で肩甲挙筋を刺激すると、「肩甲骨の方へひびきます!」「痛い場所を押してもらってもダメなんですねー」と納得されていました。

もちろん、根本的な解決には周囲の筋肉(筋膜)や姿勢の問題へのアプローチなども必要ですが、まずはダイレクトにつらさの原因になっている所を見つけて楽にすることが何より大切だと私は考えています。

(上の写真は、ArtRiggs著、広橋憲子監訳「ディープティシューマッサージ」医道の日本社より、下の画像はEssential Anatomy 5よりお借りしました)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる