タグ別アーカイブ: 神経痛

犬の関節炎、神経痛

こんにちは!
神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼手技療法を行なっているますだ治療院です。

私は、iPadの人体解剖図のアプリを仕事で使っているのですが、先日、の解剖図のアプリ(Dog Anatomy 3D)を見つけたので、早速ダウンロードしてみました。

img_0710

残念ながら人間用のアプリほどの詳しさや操作性はありませんが、浅部の筋肉、深部の筋肉、骨格、内臓と切り替えられ、日本語版もあって、大まかに筋肉や骨の位置をつかむには使えそうです。

img_0711

何に使うかというと、ウチの看板マッサージをやるときに参考にしたいのです。患者さんに対する施術も、こういったアプリを使うようになってから格段に正確さと効果がアップしたので。

まわりの話を聞く限りでは、動物病院の先生も、人間のお医者さん同様、レントゲンに写らない筋肉など軟部組織由来の痛みしびれについてはあまり教育を受けておられず、また、手術と薬以外の対処方法も持っておられない方が多そうです。

ですので、犬の関節炎ヘルニア、神経痛などと言われているものの中には、筋膜性疼痛症候群のような筋肉などの問題がかなり含まれているのではないかと私はにらんでいます。人間同様、飲み薬やサプリメントで良くなるものではないでしょう。

ウチの看板は5歳なので、まだ関節炎神経痛はありませんが、そうなった時には、マッサージである程度対処できるように練習しておきたいと思います。

ちなみに、私がよそのワンちゃんにマッサージをやることは、獣医師法に抵触するそうです。

fullsizerender

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

トリガーポイントとは

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

さて、最近テレビでトリガーポイントについて相次いで取り上げられたらしく、トリガーポイント神奈川などの検索キーワードで当院のホームページにたどり着かれた方からの問い合わせが何件かありました。

トリガーポイントとは、簡単に言うと「痛みやシビレの原因の場所」です。筋肉などの場合、約7割は、痛む場所とその原因になっている場所が違っていると言われています。

例えば、下の図は、肩甲骨の表面にある筋肉(棘下筋)に形成されたトリガーポイントが、肩や腕の痛みやしびれを引き起こす可能性があることを示しています。青い点がトリガーポイント、赤いエリアが症状が出やすい場所です。(図は「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」Simeon Niel-Asher著、伊藤和憲監訳より)

このようにトリガーポイントは、痛む場所と離れていることも多く、レントゲンなどの画像に写るわけでもないので見つける事は簡単ではありませんが、うまく見つけて刺激すれば非常に効果があります。

ますだ治療院では、問診・運動検査・触診などによってトリガーポイントを見つけ出し、浅い部位はで、深い部位は鍼(はり)で刺激します。

以前は、トリガーポイントは「筋肉の中にできるコリのようなもの」と言われていましたが、最近では、「筋肉や腱(けん)、神経などを包む膜が変性したり癒着している部位なのではないか」とも言われています。そのため、トリガーポイントが原因で起こる様々な症状を、筋膜性疼痛症候群と呼びます。

筋膜は全身にあるため、トリガーポイントも体の様々な部位に形成される可能性があります。もちろんトリガーポイントばかりが痛みしびれの原因ではありませんが、神経痛関節痛と思われていたものがトリガーポイントへの治療で改善するケースは珍しくありません。頸椎症、五十肩、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、変形性関節症など様々な疾患が、トリガーポイントが原因の可能性があります。

img_0714

⇒書いてる人を見る

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

筋膜性疼痛症候群とは

こんにちは!鎌倉トリガーポイント鍼手技療法を行っているますだ治療院です。

今日は、筋膜性疼痛症候群について書きたいと思います。これは、最近少しずつ知られてきましたが、まだまだマイナーな病気で、英語ではMyofascial Pain Syndrome略してMPSとも言います。

これは、筋肉や腱、神経などを包む痛みしびれを出すというもので、以前は硬くなった筋肉が原因と考えられていましたが、最近は筋肉などを包む膜が厚くなったり、膜どうしが癒着するのが原因ではないかと言われています。

今まで五十肩ヘルニア変形性関節症神経痛と思われていたものが、実は筋膜性疼痛症候群だったということも良くあります。

この病気がマイナーである原因の一つは、レントゲンなどの画像検査ではわからないという事です。整形外科などではレントゲンに写る骨などに原因を求める傾向があるので、筋膜などの問題は見逃されがちです。

さらに、多くの場合痛い場所と原因の場所が一致しない事、解剖学的に説明がつかないケースが多いという事も、筋膜性疼痛症候群が理解されづらい原因でしょう。

例えば下の図の、上の点が原因の場所、下の赤いエリアが痛みの場所の例ですが、両者はご覧のように離れていて、神経などでつながっているわけでもなく、解剖学的に説明が付きづらいです。図のようなケースはよく坐骨神経痛と間違えられますが、実際にはお尻の奥の筋膜の問題です。(図は「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」(Simeon Niel-Asher著、伊藤和憲監訳)より)

%e5%b0%8f%e6%ae%bf%e7%ad%8b

筋膜性疼痛症候群の原因は、主に3つあります。

1つ目は使いすぎです。これは同じ作業を繰り返したり、長時間同じ姿勢が続くような場合です。

2つ目は使わなすぎです。これは、ケガなどで安静にした場合の他、楽な動きをするために特定の筋肉の動きが悪くなる場合などがあります。

3つ目は誤った使い方です。痛い所をかばった動きや姿勢、慣れていない作業や運動などによって起こる問題です。

他には、肉離れの跡や手術痕が問題を起こすケースや衣服や家具で繰り返し刺激される事による場合もあります。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒筋膜性疼痛症候群の治療法についてみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる