「四十肩」タグアーカイブ

肩が回らないのは首のせいだった

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストレーニング指導を行っているますだ治療院です。

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。終盤の総合演習中に忘れられないことがありました。

【肩が回らないのは首のせいだった】

この日は、クライアント役を連れて行って、その方に対して問診から動作評価・分析、その結果に基づいたトレーニングプログラム作成・指導までを行うという演習でした。

当初クライアント役をお願いしていた方が都合がつかず、急遽、その方の妹さん(初対面)に来て頂きました。

この方は動作評価で、写真のような手を背中に回す動作に問題ありということになり、それを分析したところ、肩関節の回旋以外に、首の可動性に問題がある事がわかりました。

そこで私は、首のトレーニングをプログラムに入れて指導したところ、その場でみるみる肩の動きが良くなり、当初、背中に回した左右の手の距離が30cmだったのが、最終的には6cmにまで改善し、完全に「問題なし」になってしまいました。

その時私は、動作分析とトレーニングだけで問題が解決するところを初めて目の当たりにして、とても感動しました。

もちろん持続性などは追跡する必要がありますが、「動作評価 + トレーニングは臨床で使える!」と確信した瞬間でした。

さらにつづく)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

五十肩の原因と治療法

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は、五十肩原因治療法セルフケアの一例について書きたいと思います。

【五十肩とは】

実は、五十肩肩関節周囲炎)には、明確な医学的定義がありません。肩関節の痛みがあり、検査等で他の病名が付かなかったものが五十肩または肩関節周囲炎と呼ばれます。

ちなみに狭義の肩関節とは、下の図の丸印のあたりのことです。時々、矢印のあたりのつらさで「五十肩でしょうか?」と聞かれる方がいらっしゃいますが、多くの場合いわゆる肩こりです。

【五十肩の原因】

定義自体があいまいなので原因も様々ですが、肩関節周囲の筋肉や腱、関節を包んでいる膜(関節包)などが硬くなったり癒着して、動かす時に痛みが出ている事が多いと思います。

中でもよく見られるのが、腕を上げる時、肩関節後面の筋肉や関節包が硬いために、上腕の骨頭がうまく滑り込まず、骨頭の上の組織をはさみ込んでしまうパターン(肩峰下インピンジメント症候群)です。

【五十肩の治療】

整形外科での五十肩の一般的な治療としては、消炎鎮痛剤や湿布の処方や、肩関節周囲への注射などがあります。

セルフケアとしては、肩関節後面の棘下筋小円筋(下の図の青色の筋肉)へのテニスボールでのマッサージを試してみる事をお勧めします。

痛みの激しい時期は避けて、腕を上げた時だけ痛むようになったら、テニスボールを転がしておいて上に寝るか、壁との間にテニスボールをはさんで押しつけるようにして、棘下筋小円筋を気持ち良い程度にマッサージしてみて下さい。そのあたりの硬さが原因の場合は、手が上がりやすくなると思います。

ただ、最初に書いた通り、五十肩には色々なパターンがありますので、このやり方で可動域が変わらない方は、ご相談下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

首の痛み、肩の痛み

こんにちは!首の痛み肩の痛みにも対応する神奈川県鎌倉市ますだ治療院です。

先日、長年の首の痛みでお悩みの奥様と、肩の痛みでお悩みのご主人について、奥様から施術後のご感想をいただきましたので掲載させて頂きます。

img_20160926_0001_new

お名前:Y.G.様 年齢:54歳 性別:女

お悩みの症状:右側首の痛み

コメント

7年ほど痛かった右首が、初回の鍼治療で痛みを感じなくなりました。

病院のリハビリやマッサージにも通いましたが、一時的に症状が軽くなってもすぐに元に戻っていました。その後2週間になりますが、今でも調子いいです。

治療後にタブレットの解剖図で、トリガーポイントがどこであったかなどの説明もしていただいて、とても良かったです。

主人も8ヵ月ほど前から肩に痛みがあり、ジムでのトレーニングが出来ない状態でしたが、一度の鍼治療で80%ほど軽減されたと喜んでいます。これからも夫婦でお世話になりますが、よろしくお願いします。

以上、原文のまま

奥様の長年の首の痛みは、病院で「フラットネック(ストレートネック)が原因」と言われていたようですが、私は、頚板状筋という首の筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome:MPS)とみて、その筋肉にはり)施術を行うことで症状は劇的に改善しました。

ストレートネックだから」「骨の異常だから」と首の痛みをあきらめている方もいらっしゃいますが、このように筋肉(やそれを包む膜)への施術で改善するケースは少なくありません。

また、ご主人の肩の痛みは、医師から「ローテーターカフ(回旋筋腱板)の炎症」と言われ、4週間安静にしたが痛みが改善しなかったというものですが、棘上筋・棘下筋・肩甲下筋など肩の深部の筋肉にはり)施術を行うことで、こちらも劇的に改善しました。

ご主人のような症状は、病院で「五十肩(四十肩)ですね。長くかかりますよ」などと言われることも多いですが、このように短期間で改善するケースもあります。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたらまずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる