「動作分析」タグアーカイブ

カラダの現状把握

こんにちは!神奈川県鎌倉市で筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っている、ますだ治療院です。

今回は、トレーニング指導の初回に必ず行う「カラダの現状把握」について書きたいと思います。

当院では、「その人の問題を解決するトレーニング」「その人にとって必要なトレーニング」を提供したいと考えています。

そのためには、「その人の何と何が問題なのか」「その中で優先して改善すべきはどれなのか」「その問題の原因は何なのか」という「カラダの現状把握」がなされる必要があります。

どのようなプロセスで行っているか、順を追ってご説明します。

 

【1.ヒアリング】

まず、ご本人の感じている問題点(背中が丸い、腰が痛い、など)やトレーニングの目的(腰痛改善、フルマラソン完走、など)をお聞きします。

 

【2.動作評価】

次に、FMS(Functional Movement Screen、下の画像参照)という評価法などを使って苦手な動作を見つけ、複数あれば優先順位を付けます。

 

【3.動作分析】

優先順位の高いものの動作を分解して、どこが問題でその動作がうまくいかないのかを見つけます。

例えば、足がうまく上にあがらない原因は、股関節後面の硬さと体幹の弱さである、など。

 

【4.総合評価】

1でお聞きした問題点や目的と、2と3で明らかになった問題をつなげて考えます。

例えば、股関節がしっかり曲がらないせいで腰に負担がかかっている可能性がある、など。

 

このように、カラダの現状が明らかになると、やるべきトレーニングがはっきりします。

例えば、フルマラソン完走のための腰痛対策に、まずは股関節後面のストレッチと体幹のトレーニングをやりましょう、など。

逆に、カラダの現状把握をやらないままトレーニングをやっても、その人の目的にかなっているかどうかわかりませんよね。

下の写真は、股関節後面のストレッチです。ご参考までに。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩が回らないのは首のせいだった

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っているますだ治療院です。

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。終盤の総合演習中に忘れられないことがありました。

【肩が回らないのは首のせいだった】

この日は、クライアント役を連れて行って、その方に対して問診から動作評価・分析、その結果に基づいたトレーニングプログラム作成・指導までを行うという演習でした。

当初クライアント役をお願いしていた方が都合がつかず、急遽、その方の妹さん(初対面)に来て頂きました。

この方は動作評価で、写真のような手を背中に回す動作に問題ありということになり、それを分析したところ、肩関節の回旋以外に、首の可動性に問題がある事がわかりました。

そこで私は、首のトレーニングをプログラムに入れて指導したところ、その場でみるみる肩の動きが良くなり、当初、背中に回した左右の手の距離が30cmだったのが、最終的には6cmにまで改善し、完全に「問題なし」になってしまいました。

その時私は、動作分析とトレーニングだけで問題が解決するところを初めて目の当たりにして、とても感動しました。

もちろん持続性などは追跡する必要がありますが、「動作評価 + トレーニングは臨床で使える!」と確信した瞬間でした。

さらにつづく)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩甲骨を機能させる!

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストレーニング指導を行っているますだ治療院です。

今発売中のコーチング・クリニック誌に、R-body project 代表の鈴木岳氏の記事が掲載されています。

今月号は「肩甲骨を機能させる!」という特集なのですが、肩甲骨だけでなく全身の関節に当てはまる二つの大事なことを書かれていました。

一つは、「原因を見極める」です。

これは、肩甲骨の可動性や安定性が悪いからといって、単純に肩甲骨まわりストレッチやトレーニングだけをやっていてもダメだという事です。

むしろ、背骨や首、股関節など別の関節に問題がある事によって肩甲骨の可動性・安定性が悪くなっているケースが多いので、それを見つけて改善しないといけないという話です。

これには、全身の動きをチェックする動作評価・動作分析が必要です。

もう一つは、「改善させるには順番がある」です。

これは、まず関節の動く範囲が狭ければそれを改善し、次に床に寝るなど重力のかからない状態での関節の安定性を改善し、最後に立つなど姿勢維持筋を働かせた状態での関節の安定性を改善しましょうという事です。

我々が手技や鍼でできるのは、関節の可動性を改善させることだけです。安定性獲得のためにはトレーニングが必要です。

ますだ治療院では、動作評価・動作分析とその結果に基づいたトレーニング指導を行っております。

ゴールデンウィーク中は無料体験も行なっておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ジム通いビジネスマンのトレーニングを10倍楽しくする方法

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

現在私が動作分析トレーニングを教わっているR-body projectの代表、鈴木岳氏が「ジム通いビジネスマンのトレーニングを10倍楽しくする方法」という本を出版されたので、早速読んでみました。

ネタバレになってしまうので、内容について詳しくは書けませんが、「ジムマシンの9割はいらない」とか「ジムトレーナーは無資格でもできる」「トレーニングは続かないのが普通」など本音トーク満載で、とても面白く読めました。すでにジムに通われている方も、これからトレーニングを始めたいと思っている方も、ぜひ読まれる事をお勧めします。

この本の中で鈴木氏も書かれていますが、関節などの痛みの根本的な解決には、適切な柔軟性と正しい動作を取り戻すためのトレーニングが不可欠です。また、ジムは筋トレやダイエットをしたい人だけが行くところではなく、痛みの予防や再発防止の場所でもあります。

私もこの考えに共感し、この度ますだ治療院にもトレーニングスペースを作り、痛みの予防や再発防止のためのトレーニング指導を行うことにしました。

トレーニングスペースといっても、ストレッチ筋膜リリースや自重のトレーニングなどが中心なので、大きなマシンやバーベルを揃えるわけではなく、ベッドをどけて鏡を取り付けるくらいですが。

初回に動作評価・動作分析で苦手な動きからお体の問題点を探し、2回目に動作分析の結果に基づいたご自宅でできるトレーニングをお教えして、それ以降はご自身のペースでフォームのチェックとトレーニング内容の修正のためにご来院いただく、という形を考えています。

ご興味のある方はお気軽にこちらまでお問い合わせ下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

動作分析の無料体験

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

当院では現在、期間限定で動作分析無料体験を行っております。昨日は、通常の施術の間に5名の方に動作分析を行わせて頂きました。

内容としては、17の動作(FMS7、SFMA7、その他3)を行っていただき、うまくできないものがあれば、どこが機能していないのか(体幹、脊柱、股関節など)、何の問題なのか(関節、筋膜や腱、安定性・運動制御機能)を分析してご説明しました。

ご自身の自覚されている不具合に直結するような結果が出る場合もあれば、そうでもないケースもありました。

直結していると思われるケースをご紹介します。長時間歩くと膝に痛みが出るという四十代女性です。

この方は動作分析から体幹と股関節がうまく使えていないこと、足首が硬いこと、さらに足首は組織自体の硬さであることなどがわかりました。

ですのでこの方の場合は、体幹や股関節に正しい動きを覚えさせるトレーニングと足首の可動範囲を広げるためのストレッチなどを組み合わせると、膝の痛みの改善につながるのではないかとお話させて頂きました。

ますだ治療院では、現在、上記のような動作分析無料体験を行っております。月~水の営業時間内にご予約をお取りください。まだかなり「つたない」ですが動作分析をさせて頂き、その結果をお伝えします。(所要時間は50~60分です。結果に対する施術やトレーニングメニューの作成は行いません)

ご興味のある方のお問い合わせお待ちしております!

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

FMSキットを自作してみました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

FMSキットを自作しました」といっても一般の方には「何それ?」という感じですよね。

FMSキットとは下の写真のようなもので、動作評価を行うための道具です。(写真はFunctional Movement.comさんよりお借りしました)

これを使って7つの動作をやってもらい、うまくできない動作に関して、なぜうまくできないのかを分析して、その人への治療やトレーニング指導に利用するというものです。

このキット、買うと4万円くらいするのですが、単純なつくりなので自作してみました。といっても、ホームセンターで木の板と棒を買ってきて切っただけですが(笑)。

板と棒で1,887円。それに、板の裏に貼るゴムシート398円×3枚をAmazonで買って、合計3,081円でした。ちなみに寸法はR-body で測らせてもらいました。

Hurdle Stepのハードルの部分はありませんが、とりあえずこれで用は足りそうです。早速、昨日も無料モニターの方に使用しました。

マラソンがご趣味のこちらの方は、FMSによって右の股関節の可動性と体幹の安定性に問題がある事がわかりました。

うまくいかない動きの背景には、必ずと言って良いほど関節の可動性や安定性の悪さがあります。

この方は、ご自身のランニング中に気になる点ともつながり、納得して頂けたようで良かったです。

ますだ治療院では、まだまだ動作分析無料モニターを募集中です。月~水の営業時間内にご予約をお取りください。まだかなり「つたない」ですが動作分析をさせて頂き、その結果をお伝えします。(所要時間は50~60分です。結果に対する施術やトレーニングメニューの作成は行いません)

ご興味のある方のお問い合わせお待ちしております!

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

動作分析はじめました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

私は先週から週2回、東京・大手町のR-body projectというところにトレーニング指導の勉強に通っています。

私がこちらで学んでいるのは、スポーツのパフォーマンスを上げるようなトレーニングではなく、それ以前に体がちゃんと機能するように持って行くコンディショニングというものです。

これは、スポーツ選手だけでなく、一般の方が普段の生活で痛みなく過ごすためにも、ぜひ取り入れた方が良いトレーニングだと思います。

コンディショニングを行うには、まず、その人の体がどういう状態であるかを、姿勢動作などから分析する必要があります。

R-bodyでは、FMS(Functional Movement Screen)とSFMA(Selective Functional Movement Assesment)という評価法を中心に動作分析を行います。

というわけで、私は今、FMS/SFMA動作分析の練習中です。こればっかりは数をこなすしかないので、練習台になってくれる方を募集中です。

練習台になっても良いよ、という方がいらっしゃいましたらこちらまでご連絡下さい。場所はますだ治療院、時間は月~水の営業時間内で約50~60分です。

まだかなり「つたない」ですが、動作分析をさせて頂き、その結果(足首の可動域に問題があるためうまくしゃがめていない、体幹の筋力が弱いため腰の反りが起きている、など)をお伝えします。

もちろん無料ですが、結果に対する施術やトレーニングメニューの作成は行いません。お問い合わせお待ちしております!

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる