「ランニング」タグアーカイブ

FMSキットを自作してみました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

FMSキットを自作しました」といっても一般の方には「何それ?」という感じですよね。

FMSキットとは下の写真のようなもので、動作評価を行うための道具です。(写真はFunctional Movement.comさんよりお借りしました)

これを使って7つの動作をやってもらい、うまくできない動作に関して、なぜうまくできないのかを分析して、その人への治療やトレーニング指導に利用するというものです。

このキット、買うと4万円くらいするのですが、単純なつくりなので自作してみました。といっても、ホームセンターで木の板と棒を買ってきて切っただけですが(笑)。

板と棒で1,887円。それに、板の裏に貼るゴムシート398円×3枚をAmazonで買って、合計3,081円でした。ちなみに寸法はR-body で測らせてもらいました。

Hurdle Stepのハードルの部分はありませんが、とりあえずこれで用は足りそうです。早速、昨日も無料モニターの方に使用しました。

マラソンがご趣味のこちらの方は、FMSによって右の股関節の可動性と体幹の安定性に問題がある事がわかりました。

うまくいかない動きの背景には、必ずと言って良いほど関節の可動性や安定性の悪さがあります。

この方は、ご自身のランニング中に気になる点ともつながり、納得して頂けたようで良かったです。

ますだ治療院では、まだまだ動作分析無料モニターを募集中です。月~水の営業時間内にご予約をお取りください。まだかなり「つたない」ですが動作分析をさせて頂き、その結果をお伝えします。(所要時間は50~60分です。結果に対する施術やトレーニングメニューの作成は行いません)

ご興味のある方のお問い合わせお待ちしております!

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ランニングの初歩の初歩を教わってきました その2

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は、再び藤原商会代表の藤原岳久さん主催の木曜ランにお邪魔して、引き続きランニングの初歩の初歩を教わってきました。(前回の記事はこちら

今回も湘南ひらつか太古の湯(日帰り温泉施設)に集合して、みんなでストレッチの後、約2キロ先の平塚競技場へジョギングで移動しました。

参加メンバーの顔ぶれは前回と少し違いましたが、今回も初心者は私だけで、皆さんレースに向けて頑張っていらっしゃる方ばかりでした。

藤原さん(上の写真の方)が、初心者の私に意識する様に言われたことは、まず前回同様、上体が前に倒れてから足が出るようにということ、後ろ足が軽やかに地面を蹴ることに加えて、蹴った後ろ足をハムストリングスの力でお尻に引き付けることでした。

今回は、それらを意識してトラックを1km7分のペースをキープして2000m走りました。一定のペースで走ることも長距離走には大切なことだという事でした。今後の通勤ランで反芻(はんすう)したいと思います。

その後、再び湘南ひらつか太古の湯までジョギングで戻り、ストレッチした後、温泉で疲れを癒しました。今日は寒かったので、露天風呂が特に沁みました。

木曜ランにご興味のある方は、藤原商会のサイト をご覧ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ランニングの初歩の初歩を教わってきました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

先日ランニングシューズ選びでお世話になった藤原商会代表の藤原岳久さん主催の木曜ランにお邪魔して、ランニングの初歩の初歩を教わってきました。(シューズ選びの記事はこちら

集合場所の湘南ひらつか太古の湯(日帰り温泉施設)で着替えてストレッチをして、約2キロ先の平塚競技場へジョギングで移動。ここは、サッカーJ1湘南ベルマーレの本拠地でもある本格的なスタジアムで、初めての私はちょっと興奮しました。

早速走り込む木曜ラン常連の皆さんとは別メニューで、私だけ藤原さんからランニング初心者向けのレクチャーを受けました。

最初に言われたのは、まず上体が前に倒れてそれにつられて足が出るようにという事でした。足が先に出ると身体がついて来ず効率が悪いそうです。まずそれを意識してトラックを一周。

次に、斜め上に移動することと蹴った足をお尻に引き付けることを意識してもう一周。この時に自分の足音に注意して、ザッザッではなくタッタッになるようにと言われました。

最後は、常連の皆さんと同じように、お借りしたレースシューズに履き替えて、トラックをもう一周しました。

このオレンジのレースシューズはadidasタクミセンブーストというモデルで、先日の箱根駅伝で優勝した青山学院大学の選手達が履いていたものと同じらしく、驚くほど軽かったです。初心者の私には完全に豚に真珠ですが。

その後、平塚競技場から再び湘南ひらつか太古の湯までジョギングで戻り、みんなでストレッチして解散でした。

素敵なことにこのイベントには温泉の入浴料も含まれていて、解散後に各種お風呂に入って疲れを癒してから帰れるのでした。

木曜ランに関して詳しくは藤原商会のサイトをご覧ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ランニングシューズをプロに選んでもらいました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

私事ですが、昨日54回目の誕生日を迎えまして、この機会にランニングを始めることにしました。

そこで必要になるのがランニングシューズ。私も仕事柄、ランナーの足のトラブルになどに接する機会もあるので多少の知識はありますが、モチはモチ屋ということで、プロのシューズアドバイザーに選んでもらう事にしました。

お願いしたのは、ランニング雑誌やメディアなどでもご活躍の藤原商会代表、藤原岳久さんです。

まずは足のサイズ測定。立った時と座った時の足の前後長、足囲、アーチの高さなどを測り、おススメのシューズのサイズを教えてくれます。

私は、26.5cmのシューズを履いていたのですが、なんと藤原さんのおススメは25.5~26.0cm、しかも幅せまめでした。自分では幅広と思い込んでいましたが、小指の付け根が広がっているだけとの事でした。

次にランニングマシンで走っている動画を撮影して、自分の走り方のクセを教えてもらいます。

私は、着地時に左右ともわずかに、かかとが内側に倒れ込むオーバープロネーションが起こっているので、それをサポートしてくれる、ソールの内側が硬いタイプのシューズがおススメとの事でした。

それらをふまえて藤原さんが勧めてくれたのが、asicsのGEL-KAYANOとNIKEのAIR ZOOM STRUCTURE でした。

悩んだ末私が選んだのはこちら。サイズは25.5でもいけるといわれたのですが、足幅がやや不安で26.0にしました。

お値段は、ラッキーなことに、なぜかこの色だけセールになっていて、税込12,960円→9,990円。

ついでに、ジム用にBROOKSのPure Flow  もセール価格(半額?)、税込5,400円でゲットしました。

こちらは、藤原さんいわく、長距離を走るには少しソールのサポート性が低いがジム用にはちょうど良いのではないかとの事でした。

ここまでで計5種類×2サイズ試し履きして、靴ひもの結び方なども教わってトータル3時間半!藤原さんにしっかりお付き合い頂きました。これで走らないわけにはいきませんね。

シューズとは別に5,000円の料金がかかりますが、自分の走り方のクセがわかりますし、買ったシューズが合わないリスクなどを考えると、このお買い物ツアーかなりおススメです。ご興味のある方は藤原商会へお問い合わせ下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる