トレーニング

その他

ワークショップ@ボーダーフェスティバル

毎年ゴールデンウィーク明けの日曜日に、当院のある鎌倉・由比ガ浜通りで「ボーダーフェスティバル」というイベントを行っております。当院もこのイベントに参加しており、当日何をやるかというと、トレーニングのワークショップをやります。その名も「ランナーのための、サーファーのための、猫背のためのワンコイントレーニング」です。
腰・お尻の痛み

腰痛の原因はアライメント?モーターコントロール?認知のゆがみ?その6

前回は、腰痛の原因の5つの要素(アライメント、可動性、安定性、モーターコントロール、心理・社会的)のうち「モーターコントロール」についてお話しました。今回は最後の「心理・社会的要因」について掘り下げたいと思います。この分野に関しては、私もまだまだ勉強中です。ですので今回は、「腰痛のプライマリ・ケア」(金岡恒治・成田崇矢著、文光堂)という本を参考に、自分の意見も加味して書かせていただきました。
腰・お尻の痛み

腰痛の原因はアライメント?モーターコントロール?認知のゆがみ?その5

前回は、腰痛の原因の5つの要素のうち「安定性」についてお話しました。 今回は、「モーターコントロール」について掘り下げたいと思います。 これは、私がトレーニングを勉強し始めてから知った言葉で、それまでは、前回までにお話ししたような関節の不具合がなければ痛みは改善すると思っていました。
腰・お尻の痛み

腰痛の原因はアライメント?モーターコントロール?それとも認知の歪み?

当院は、筋膜リリースや組織間リリースをうたっているため、「万病の元は筋膜(またはfascia)説の人」と思われているかもしれませんが、そうではありません。 筋膜(またはfascia)の癒着や滑走不全だけを解消しても、問題の解決に至らないケースは多いです。 そこで、腰痛を例にとって、私が考える主な原因を上げてみます。
パーソナルトレーニング

カラダの現状把握

当院では、「その人の問題を解決するトレーニング」「その人にとって必要なトレーニング」を提供したいと考えています。 そのためには、「その人の何と何が問題なのか」「その中で優先して改善すべきはどれなのか」「その問題の原因は何なのか」という「カラダの現状把握」がなされる必要があります。 どのようなプロセスで行っているか、順を追ってご説明します。
パーソナルトレーニング

世界一のストレッチ(完全版)

先月、「世界一のストレッチ」という題名でアクティブストレッチ・ワールドグレイテストについての記事を書きましたが、うれしいことに、複数の方から「あれ見てやってます」と言われました。 しかし読み返すと、あの記事だけでは少々説明不足でしたので、それぞれのポーズの目的と注意点を加えて再度掲載します。
パーソナルトレーニング

世界一のストレッチ

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。講座の中で、「アクティブストレッチ・ワールドグレイテスト」というストレッチの種目を教わりました。 これは、5つのポーズを連続して行うストレッチです。
パーソナルトレーニング

自分にとって必要と感じたらやる

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。R-bodyでは、リーチプログラムといって、クライアントとのコミュニケーションを学ぶプログラムがあるのですが、ここでもいくつもの気付きがありました。
パーソナルトレーニング

コンディショニングコーチはじめました

先月、最後の筆記試験をクリアして、晴れてR-bodyのコンディショニングコーチに認定して頂きました。 これまで特にスポーツに深く関わって来なかった私が、この歳でトレーニング指導をやるようになるとは思ってもみませんでした。
その他

腰痛・肩こりのためのトレーニング@ボーダーフェスティバル

5月13日(日)は、ますだ治療院のある由比ガ浜通りで「ボーダーフェスティバル」が開催されます。 これは、その日ボーダー柄のものを身に付けて由比ガ浜通りに来ると、色々なサービスが受けられるというイベントで、今年も約120軒のお店が参加します...
タイトルとURLをコピーしました