タグ別アーカイブ: トリガーポイント

自分でできるマッサージ(腰痛編その2)

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

前回に引き続き「自分でできるマッサージ腰痛編)」です。前回、腰痛の方に、テニスボールを使ったお尻や腰のマッサージをお勧めすると書きましたが、今回はその場所とやり方です。

まず、お尻の場合です。お尻の筋肉と言っても色々あるのですが、まずは腰痛と関わっていることが多い中殿筋(ちゅうでんきん)と大殿筋(だいでんきん)の重なる部分、(下の画像の青線で囲んだあたり)を中心にマッサージして下さい。

下のイラストのように、布団や床の上に置いた硬式のテニスボールの上にマッサージしたい場所を乗せて、自分の体重で押しつけます。20~30秒押しつけるだけでも結構ですし、前後や左右に少し動いて刺激するのも効果的です。

最初は筋肉全体をマッサージしてみて、特に痛気持ち良い場所があればそこを重点的にやってみて下さい。「いつもの腰痛の感じ」が再現できればベストですが(再現できればそこがトリガーポイントです)、痛気持ち良いだけでもOKです。

何も感じないようなら刺激が弱すぎるかもしれません。下が硬いほど刺激が強くなりますので、布団の上で感じなければ絨毯の上で、それでも感じなければフローリングの上でやってみて下さい。逆に痛くてつらい場合は、下がやわらかい場所で行って下さい。

次に腰です。こちらも実際には色々な筋肉があるのですが、まずは代表的な脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん、下の画像参照)をマッサージして下さい。ご自身が感じている場所より上で痛い場所へひびくことも多いです。これも「いつも痛い場所へひびく」のがベストですが、こだわらなくても大丈夫です。

脊柱起立筋マッサージは、下のイラストのようにあお向けで行って下さい。着ている衣服の厚さも刺激の強さに関係しますので、あまり感じない場合は下着で行ってみて下さい。

前回も書きましたが、急性や激しい痛みの場合は、マッサージが逆効果の事もありますので専門家にご相談ください。また、最初は弱刺激、短時間で様子を見て、調子が良いようなら少しずつ刺激の量や時間を増やしていって下さい。何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

(画像はEssential Anatomy 5より、イラストは酒井慎太郎著「腰・股・膝の痛みはテニスボール1個で消える」マキノ出版よりお借りしました)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

自分でできるマッサージ(腰痛編その1)

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

SNSで、ブログで取り上げて欲しい内容をゆる~く募集したところ、色々リクエスト頂きましたので、その中から今回は「自分でできるマッサージ腰痛編)」と題して書かせて頂きます。

はじめにお断りしておきますが、これからお話しする内容は、慢性の腰痛に対するものです。いわゆるぎっくり腰など急性のものや激しい症状の場合は、マッサージすることによって悪化することもありますのでご注意下さい。

では本題に入りますが、マッサージをする上で最も大切なのは「どこをマッサージするか」ということです。というのも、ご自身が痛いと感じている所と原因の場所は違うことが多いからです。これをトリガーポイントといい約7割は痛いところと違う場所に原因があると言われています。

例えば、当院に「腰が痛い」といらっしゃる方の半数位はお尻(=股関節筋)に原因があります。「でもこうやって腰を曲げると痛いんですよ」とおっしゃいますが、実はその多くが、腰の動きではなく股関節の動きです。

腰かお尻か見分ける簡単な方法は、痛みの出る動作を立ってと座っての両方やってみる事です。立ってやると腰と股関節の両方が動きますが、座ってやると股関節が固定されるので腰のみの動きになります。

  1. 立ってやると痛い、座ってやると痛くない⇒お尻に原因がある可能性が高い
  2. 立ってやっても座ってやっても痛い⇒腰・お尻どちらの可能性もアリ
  3. 座ってやると痛い、立ってやると痛くない⇒(あまりないが)腰に原因がある可能性が高い

1ならお尻を、3なら腰をマッサージすれば良いですが、2の場合はどちらかをマッサージしてから動かしてみて、楽にならなければもう一方をマッサージして下さい。

自分でできるマッサージとしてお勧めなのは硬式のテニスボールを使うものです。テニスボールを布団や床の上に1個転がしておいて、その上に寝転んで自分の体重で腰やお尻を押します。(当院ではこのようなものを患者さんに配るように常備してあります)

テニスボールを2個くっつけて使う方法もありますが、私は、ピンポイントで刺激できる1個でのマッサージをお勧めしています。「1個だとボールが逃げてやりづらい」という方は、テニスボールを靴下にいれてやってみて下さい。

マッサージする詳しい場所や、やり方については次回お話します。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩甲骨はがし、筋膜はがし

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

今日の午前中の患者さんに、「肩甲骨のあたりがつらくてしょうがないんですが、最近、整体などでやっている肩甲骨はがし筋膜はがしというのは効くんでしょうか?」と聞かれました。

たしかに〇〇はがしというネーミングはインパクトがあっていかにも効きそうです。

まず、肩甲骨はがしというのが何を指すのかがはっきりしませんが、おそらく下の写真のように肩甲骨の裏側に指を入れる手技だと思います。一見して「効きそう!」ですね。

おそらくこの施術を受けたい人は、このあたりにつらさを感じてるんでしょう。しかし、このアプローチで刺激できる菱形筋や肩甲骨の裏側の肩甲下筋をいくら刺激してもそのつらさは改善しないと思います。

また、筋膜はがし筋膜リリース)については以前にもこのブログに書きましたが、多くの情報はデタラメです。「筋膜はがしやってもらったけど痛くて気持ち良かった!」と言っている時点で、多分それは単なるマッサージです。

マッサージが悪いと言ってるのではありません。むしろ的確な部位へのマッサージなどの刺激こそが、痛みやしびれの改善に最も効果的だと思います。問題は、刺激すべきところはどこかという事です。つらいところをマッサージすれば良いわけではありません。

肩甲骨あたりのつらさの原因にも色々なパターンがありますが、うちに来院される方の場合、少なく見積もっても半数以上が肩甲挙筋(下の図)の問題です。つらい場所と原因の場所は違うのです。これをトリガーポイントといいます。

今朝の患者さんも、手や鍼(はり)で肩甲挙筋を刺激すると、「肩甲骨の方へひびきます!」「痛い場所を押してもらってもダメなんですねー」と納得されていました。

もちろん、根本的な解決には周囲の筋肉(筋膜)や姿勢の問題へのアプローチなども必要ですが、まずはダイレクトにつらさの原因になっている所を見つけて楽にすることが何より大切だと私は考えています。

(上の写真は、ArtRiggs著、広橋憲子監訳「ディープティシューマッサージ」医道の日本社より、下の画像はEssential Anatomy 5よりお借りしました)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

筋膜性疼痛症候群の治療法

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

最近、「おたくでは筋膜性疼痛症候群に対してどんな治療を行っているんですか?」という質問のメールをよく頂くので、あらためてこちらのブログにも書いておきます。

まず、当院は鍼灸マッサージ院ですので、注射や薬剤の処方はできません。(また正確には治療という言葉も使えません。施術と言います)

当院で行うのは、トリガーポイント(痛みやしびれの原因になっている部位)を、または鍼(はり)で刺激する施術です。例えば下の図は、よくヘルニアによる坐骨神経痛に間違われる小殿筋という筋肉のトリガーポイントについてですが、青い点がトリガーポイントができやすい場所、赤いエリアが痛みやしびれを感じやすい場所です。(図は「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」(Simeon Niel-Asher著、伊藤和憲監訳)より)

トリガーポイントは、筋肉の使い過ぎや誤った使い方、過去のケガなどが原因で、筋肉などを包む膜どうしが癒着したり、膜を取り囲む基質がゼラチン状になっているような場所にできます。

上の図のように、症状を感じるところとは別の場所にできることも多く、見つけるには運動検査や触診などの技術が必要なのですが、うまく見つけて手や鍼で刺激すると瞬間的に症状の再現や増悪がみられ、ご本人も「あ、それだ!」と実感されます。

代表的な刺激の方法は、「指先で圧迫する」「指先を組織間に滑り込ませる」「鍼を刺す」「筋肉に鍼を刺して電気で収縮させる」などです。よく「治療は痛くないですか?」と聞かれますが、上手にトリガーポイントを刺激できると「痛いけど気持ち良い」「痛いけど刺激して欲しい」と言われます。

そのように刺激することで、局所の循環を良くしたり、組織間の滑走性を改善し、トリガーポイントを不活性化させることによって、痛みやしびれの改善をはかります。当院では、表層の組織や広い範囲が問題の場合は手、深層の組織やピンポイントの問題の場合は鍼を使う事が多いです。

⇒筋膜性疼痛症候群についてみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

トリガーポイント注射で治す腰痛・膝痛

img_6756

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

トリガーポイント注射で治す腰痛膝痛(小林誠著)」という本を読みました。著者は、東大医学部卒で大学病院准教授というバリバリの整形外科の先生です。

この方は、東日本大震災の時に、被災地の避難所を訪問して鍼治療を施す在米日本人医師をテレビで見たことがきっかけで筋・筋膜性疼痛トリガーポイント治療を知り、興味を持って調べられ、ご自身でも患者さんに試してみてその効果に驚いたそうです。

ご本人は、医学部時代も23年間整形外科医をやっていても、筋肉や筋膜が痛みやしびれを起こすという話を一度も聞いたり読んだりしたことはなかったとの事です。ですから、他の医師がトリガーポイント治療で痛みやしびれが改善した症例を信じられないのは当然だと言います。

本書では、ご自身の腰痛膝痛の患者さんに対する治療成果を具体的な数字とともに公表されています。そして、医学の常識を覆した「消毒しない、乾かさない傷の治療」が広まったように、トリガーポイント治療が広まることを期待していると結んでいます。

私は、MPS研究会に所属しているような私よりトリガーポイント治療に詳しいような医師か、逆にトリガーポイント治療にまったく関心のない医師しか知らなかったので、このような一般的(?)な医師の率直な考えや具体的な治療成果が知れて、非常に興味深かったです。

ただ、著者も指摘しているように、整形外科で「これは整形外科で対応すべきもの」「これは代替医療(鍼灸マッサージなど)にまかせるもの」と振り分けるというのが理想だが実際には難しく、先に代替医療にかかる際には、患者さん自身または代替医療従事者が「これは整形外科でちゃんと診てもらった方がいいな」とピンと来ることが必要、ということに関しては肝に命じたいと思いました。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒筋膜性疼痛症候群の治療法をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

首の痛み、肩の痛み

こんにちは!首の痛み肩の痛みにも対応する神奈川県鎌倉市ますだ治療院です。

先日、長年の首の痛みでお悩みの奥様と、肩の痛みでお悩みのご主人について、奥様から施術後のご感想をいただきましたので掲載させて頂きます。

img_20160926_0001_new

お名前:Y.G.様 年齢:54歳 性別:女

お悩みの症状:右側首の痛み

コメント

7年ほど痛かった右首が、初回の鍼治療で痛みを感じなくなりました。

病院のリハビリやマッサージにも通いましたが、一時的に症状が軽くなってもすぐに元に戻っていました。その後2週間になりますが、今でも調子いいです。

治療後にタブレットの解剖図で、トリガーポイントがどこであったかなどの説明もしていただいて、とても良かったです。

主人も8ヵ月ほど前から肩に痛みがあり、ジムでのトレーニングが出来ない状態でしたが、一度の鍼治療で80%ほど軽減されたと喜んでいます。これからも夫婦でお世話になりますが、よろしくお願いします。

以上、原文のまま

奥様の長年の首の痛みは、病院で「フラットネック(ストレートネック)が原因」と言われていたようですが、私は、頚板状筋という首の筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome:MPS)とみて、その筋肉にはり)施術を行うことで症状は劇的に改善しました。

ストレートネックだから」「骨の異常だから」と首の痛みをあきらめている方もいらっしゃいますが、このように筋肉(やそれを包む膜)への施術で改善するケースは少なくありません。

また、ご主人の肩の痛みは、医師から「ローテーターカフ(回旋筋腱板)の炎症」と言われ、4週間安静にしたが痛みが改善しなかったというものですが、棘上筋・棘下筋・肩甲下筋など肩の深部の筋肉にはり)施術を行うことで、こちらも劇的に改善しました。

ご主人のような症状は、病院で「五十肩(四十肩)ですね。長くかかりますよ」などと言われることも多いですが、このように短期間で改善するケースもあります。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたらまずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

坐骨神経痛の患者様の口コミ

 

こんにちは!坐骨神経痛専門になりつつある神奈川県鎌倉市ますだ治療院です。

前回こちらに書いた、坐骨神経痛様の痛みの患者さんのうちのお一人のアンケートをご紹介します。

IMG_20160831_0001_NEW2

お名前:A.Y.様 年齢:60歳 性別:男

お悩みの症状:左殿部(お尻)、左足外側の痛み

コメント

特に膝下外側の痛みが強く、100mも歩くことができません(でした)。

針治療は、はじめてで不安もありましたが、患部治療は多少痛みましたが、気持ちよかったです。初回施術後、筋肉もほぐれ、普通に歩く事が出来ました。翌日、1日立ち仕事も出来ましたが、左足はおもかったです。

2回目施術後は、左足はだるさもなくなりましたが患部を押すと多少痛みがありました。

3回目施術後は、階段での殿部の痛みもとれて、日々(自分で)マッサージをして、ようすを見ることにしました。

※カッコ内は、私が補足しました。他は原文のまま。

この方の場合も、最初にかかった病院では、坐骨神経痛と診断され、痛み止めをもらって飲んでいましたが、痛みが治まらないのでお知り合いのご紹介で当院に来られました。

私はこの方のケースを、農作業による筋疲労の蓄積で、お尻の深部の筋膜トリガーポイントが形成され、お尻とスネに痛みが出ている筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome:MPS)と考え、その部分にはり)施術を行うことで症状は漸次改善しました。

このケースでは、5日間、計3回の施術で痛みが出なくなりました。あとはお仕事中の姿勢に気を付けていただく事と、ご自身でできるマッサージをお教えし、施術終了としました。

この方の場合は、痛みが出はじめてから2週間と比較的新鮮だった事と、初回から深部へのが可能だった事で、改善までの期間が短くすんだと思いますが、痛みが長期間にわたっている場合や、表面の筋肉の緊張が強くていきなりは深部にアプローチできない場合には、もっと期間がかかるケースもあります。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

坐骨神経痛の原因

ファイル 2016-07-06 19 29 54(圧縮版)

こんにちは!坐骨神経痛専門になりつつある神奈川県鎌倉市ますだ治療院です。

今月も、新たに来院された患者様17名のうち、実に13名の方の主訴が坐骨神経痛様の痛みです。既存の患者様も含めると毎日かなりの数の坐骨神経痛様の痛みに対する施術を行っていることになり、いっそのこと坐骨神経痛専門と名乗っても良いかなと思ったりします。

ここで、なぜ「坐骨神経痛の痛み」と書くかというと、自分は坐骨神経痛だとおっしゃる方の多くが、実際にはそうでないからです。

最新医学大辞典(医歯薬出版)によると、坐骨神経痛とは、「坐骨神経の走行に沿って、腰・臀部から下肢に激しい疼痛をきたすもの。(中略)腰椎の椎間板ヘルニアが重要視されており、原因の80%を占めるといわれる。」とあります。つまり、「多くの坐骨神経痛は、ヘルニア椎間板の飛び出し)が神経を圧迫してお尻や足に痛みが出るもの」だという事です。(図は新版病気の地図帳(山口和克監修)より)

IMG_20160815_0002_NEW2

ヘルニアによって神経が圧迫されると、痛みやしびれとともに、足の筋力低下や深部腱反射(膝下などをゴムのハンマーで叩くと足が伸びるアレです)の低下や消失などが起こります。これは、坐骨神経が、感覚神経と運動神経の両方の線維を含んでいるからです。

しかし、当院を訪れる自称坐骨神経痛の方の多くは、筋力低下や反射の異常を伴っていません。ただお尻や足が痛いだけです。こういったケースでは、神経の圧迫は考えにくいと思います。

では、神経の圧迫でないとすると、何が痛みの原因でしょうか?

最も可能性が高いのは、お尻の奥や足の筋肉筋膜の問題です。これは、筋肉の緊張やそれを包む筋膜の滑りの悪さなどが原因となって、少し離れた場所に痛みやしびれを起こすものです。(図は「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」(Simeon Niel-Asher著、伊藤和憲監訳)より)

%e5%b0%8f%e6%ae%bf%e7%ad%8b

これは筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome:MPS)といい、最近注目されてきましたが、まだまだメジャーではありません。多くの整形外科では、お尻や足に痛みがあると、腰のレントゲンを撮って、腰椎と腰椎の間が狭い所があれば、そこにあるはずの(レントゲンには骨しか写りません)椎間板がつぶれて外に飛び出して神経を圧迫しているのではないかと推測します。

しかし、上記のような理由で、実際に神経の圧迫が起こっているケースは多くないと考えられます。そして何より、お尻や足の筋肉を刺激することによって痛みやしびれが改善する例を私たちはたくさん経験しています。

また、MRIやCTなどの画像検査で実際にヘルニア脊柱管狭窄(背骨の中の空間が狭くなること)があっても、それが痛みやしびれを起こしているとは限りません。(症状の無い人でも画像検査をすると一定の割合でヘルニア脊柱管狭窄が見られるという報告もあります)ですので、整形外科でヘルニア脊柱管狭窄症と言われても、改善の可能性はありますので、あきらめずにご相談下さい。

当院では、痛みやしびれの原因になっている部位(トリガーポイント)を、問診・運動検査・触診で探し出し、手または(はり)で刺激します。トリガーポイントを的確に刺激できれば、局所の循環や組織間の滑走性を改善させ、痛みやしびれ改善の効果が期待できます。

もちろん、本当に神経の圧迫が原因のケースや内臓の関連痛など筋・筋膜以外の問題の場合もありますので、事前にご自身の症状をこちらまでご相談のうえご来院下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

MPS研究会 学術集会

IMG_1759

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

先週末は一部お休みを頂いて、所属しているMPS研究会(筋膜性疼痛症候群研究会)の学術集会に出席してきました。

マスコミに先導される形で、医療従事者の間でも筋膜性疼痛に対する関心は非常に高まっており、数年前までマイナーな印象だったこの会も、今では医師と鍼灸師を中心に会員数1,000人を超える勢いです。

そして、この筋膜ブームの火付け役は間違いなく、今回特別講演を行われた、首都大学の竹井仁教授です。この日も超ご多忙と思われる中、ご講演と実技披露をいただき、その後の懇親会ではざっくばらんな裏話まで聞かせて頂きました。

FullSizeRender

そんな盛り上がりを見せているMPS研究会ですが、実は今回、大きな変更というか概念のアップデートがありました。

それは、「我々が対象とするのは筋膜だけではない」「皮下組織、脂肪、じん帯、腱、神経周囲膜、硬膜など軟部組織全体が対象である」という事です。

これは、臨床現場では以前から当たり前のように言われていた事ですが、今回、会の共通認識としてあらためてアナウンスされました。

はじめは「トリガーポイント(発痛源)は筋肉の硬結である」からスタートし、「実は筋肉を覆っている筋膜にこそトリガーポイントは存在する」になり、今回の「トリガーポイント筋膜以外にも様々なところにできる」へと変化してきたわけです。

会の名前も、「筋・筋膜性疼痛症候群研究会」から「筋膜性疼痛症候群研究会」に変わりましたが、さらに変わるかもしれませんね。次は「膜性疼痛症候群研究会」でしょうか。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたらまずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

おすすめの整体院

fullsizerender

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

この仕事をしていると時々、鎌倉以外の方から(さすがに近隣の方からは聞かれませんが)、「うちの近くでおすすめの整体院ありませんか?」という質問を受けます。

そういう時私は、「ホームページなどでこの3点を確認されると良いですよ」とお答えしています。その3点とは、

1.国家資格を持っている

2.極端な持論を展開しない

3.解剖学の知識がしっかりしている

です。それぞれ説明しますと、

 

1.国家資格を持っている

驚かれる方もいらっしゃると思いますが、整体師という公的資格はありません。(ということは整体院という時点でおすすめできないのですが、鍼灸・マッサージ院や接骨院なども含めると考えて進めます)

法律で人の体に触れる施術で開業を許されているのは医師・歯科医師以外には鍼灸師・マッサージ師柔道整復師だけです。これらの資格は3年間の学校の後、国家試験に合格して得られるものなので、少なくとも最低限の医学的な知識を持っていると思われます。

一方、整体師というのは、特定の団体や個人が独自に名乗っているだけなので、最低限の医学的知識すら持っていない可能性があります。

ですので、まずはホームページのプロフィールなどで、施術にあたる者が鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師のいずれかの資格を持っているか確認されることをお勧めします。

また、資格を持っているのは院長だけで、実際に施術を行う者は無資格者や学生というところもお勧めできません。

 

2.極端な持論を展開しない

ここでいう極端な持論とは、「〇〇のゆがみがすべての原因だ」とか、「××を整えればあらゆるものが良くなる」といったものです。

もちろん、「この症状は〇〇が原因のことが多い」とか「この症状には××が効果的だ」ということはあると思いますが、「すべて」「あらゆるもの」となると注意が必要です。

1つの医療体系を学ぶと、その中の診かたで全てを解釈したくなることがあるのは私も経験しています。しかし、医学を勉強すればするほど、体の不調には様々な原因があることがわかります。

そのあたりを理解して、「この症状にはこういう治療法が効果的」「自分の守備範囲はこのあたり」と宣言している方のほうが信頼できると思いす。

 

3.解剖学の知識がしっかりしている

施術者には様々な専門知識が要求されますが、特に運動器疾患(関節痛や神経痛など)においては、原因を特定するにも、そこに施術をおこなうにも、骨や筋肉、神経などがどのように存在しているかという知識(=解剖学)が最も重要だと思います。

上記1のように国家資格を持っている方は、学生時代に最低限の解剖学は学んでいます。しかし、実際の臨床ではそれだけでは足りません。学校卒業後も、より詳しく、より新しい知識をアップデートし続ける必要があります。

そういう意味で、施術者が解剖学の勉強を怠っていないことがブログなどから確認できればベストです。また、トリガーポイント療法を標榜している先生は、解剖学についてもしっかり勉強されている方が多いと思います。手前味噌ですが。

 

以上、個人的な見解も入っていますが、よろしければ参考になさって下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる