「セルフケア」タグアーカイブ

セルフケア指導

ますだ治療院では、筋膜リリースストレッチ筋力トレーニングなどのセルフケアの指導を行っております。

慢性の痛み・シビレの改善には、ご自宅でのセルフケアが重要です。
しかし、その方にとって「必要なもの」を「効果的なやり方」で行わないと意味がありません。

筋力トレーニングを行っているが症状が改善しない」という方は、必要な筋肉に対するトレーニングになっていない可能性があります。また、そもそも、今のあなたに必要なのはトレーニングなのかどうかを検討する必要がある場合もあります。

痛みやしびれがあるという事は、多くの場合、筋肉や関節の動きに問題があります。それを改善せずにトレーニングをしても、効果が無いばかりか、誤った活動パターンを筋肉と脳に記憶させることになります。

順番としては、

①筋肉や関節の動きの悪さを改善する

②良い動きでトレーニングを行い、元に戻さないようにする

でなければいけません。

①の原因としては、皮膚と筋膜や筋間の滑りの悪さが多いです。その場合は、まず筋膜リリースを行い、スムーズな筋肉や関節の動きを獲得した後、それを維持する目的のトレーニングを行います。

院内でのマンツーマンのセルフケア指導の料金は以下の通りで、いずれもご予約を頂きます。

約30分 3,000円

約60分 5,000円

また、自治体や企業、お店などでの健康教室などにも対応しておりますので、こちらのフォームまたは0467-23-1355までお気軽にお問い合わせ下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

五十肩の原因と治療法

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は、五十肩原因治療法セルフケアの一例について書きたいと思います。

【五十肩とは】

実は、五十肩肩関節周囲炎)には、明確な医学的定義がありません。肩関節の痛みがあり、検査等で他の病名が付かなかったものが五十肩または肩関節周囲炎と呼ばれます。

ちなみに狭義の肩関節とは、下の図の丸印のあたりのことです。時々、矢印のあたりのつらさで「五十肩でしょうか?」と聞かれる方がいらっしゃいますが、多くの場合いわゆる肩こりです。

【五十肩の原因】

定義自体があいまいなので原因も様々ですが、肩関節周囲の筋肉や腱、関節を包んでいる膜(関節包)などが硬くなったり癒着して、動かす時に痛みが出ている事が多いと思います。

中でもよく見られるのが、腕を上げる時、肩関節後面の筋肉や関節包が硬いために、上腕の骨頭がうまく滑り込まず、骨頭の上の組織をはさみ込んでしまうパターン(肩峰下インピンジメント症候群)です。

【五十肩の治療】

整形外科での五十肩の一般的な治療としては、消炎鎮痛剤や湿布の処方や、肩関節周囲への注射などがあります。

セルフケアとしては、肩関節後面の棘下筋小円筋(下の図の青色の筋肉)へのテニスボールでのマッサージを試してみる事をお勧めします。

痛みの激しい時期は避けて、腕を上げた時だけ痛むようになったら、テニスボールを転がしておいて上に寝るか、壁との間にテニスボールをはさんで押しつけるようにして、棘下筋小円筋を気持ち良い程度にマッサージしてみて下さい。そのあたりの硬さが原因の場合は、手が上がりやすくなると思います。

ただ、最初に書いた通り、五十肩には色々なパターンがありますので、このやり方で可動域が変わらない方は、ご相談下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

筋トレ?ストレッチ?それともフォームローラー?

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

慢性の痛み・シビレの改善には、ご自身でのセルフケアが重要です。
しかし、その方にとって「必要なもの」を「効果的なやり方」で行わないと意味がありません。

「筋トレを行っているが症状が改善しない」という方は、必要な筋肉に対するトレーニングになっていない可能性があります。また、そもそも、その症状に対して筋力トレーニングが必要なのか検討する必要がある場合もあります。

また、筋膜などの柔軟性や滑走性に問題があるままストレッチやトレーニングを行うと、伸びやすい部分だけが伸ばされたり、動かしやすい誤った体の使い方になる可能性があります。

当院では、特に筋膜の柔軟性を回復させるために、マッサージボールフォームローラーを使った筋膜リリースの指導に力を入れています筋膜リリースの後に、ストレッチやトレーニングを行うと非常に効果的です。

ますだ治療院では、院内での指導以外に、自治体や企業、お店などでの健康教室などにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

⇒書いてる人を見る

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる