「コーチング」タグアーカイブ

自分にとって必要と感じたらやる

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストレーニング指導を行っているますだ治療院です。

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。R-bodyでは、リーチプログラムといって、クライアントとのコミュニケーションを学ぶプログラムがあるのですが、ここでもいくつもの気付きがありました。

【自分にとって必要と感じたらやる】

リーチプログラムの中で、特に印象に残ったのは「クライアントは自分にとって必要と感じたらやる」という話です。

「このトレーニングはあなたにとってなぜ重要なのか」「このトレーニングをやるとあなたにどんな良いことがあるのか」をしっかり伝えれば、クライアントはトレーニングを続けてくれるという事です。

そのためには、

1.クライアントの訴えをしっかり聞くこと(今困っていることは何か?どうなりたいのか?)

2.客観的に評価すること(動作評価、動作分析など)

3.1と2をつなげて説明すること

が重要だと繰り返し言われました。

これまでの自分を振り返ると、決してこれらを十分に行ってきたとは言えません。患者さん達のトレーニングが続かないのはそのせいだったのかもしれません。

【積極的に承認する】

もう一つ、自分に足りなかったと思い当たるのは、「承認」の少なさです。

リーチプログラムでは、トレーニングやその結果に対して、できていることを見つけて、言葉とともに表情や声のトーンなどでそれを伝える「承認」というスキルを使います。

これも今後、積極的に行うことでもっと患者さんのモチベーションをあげられたらと思いました。

(まだつづく)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる