コンディショニング

パーソナルトレーニング

コンディショニングに関する講座・ワークショップを承ります

整形外科や治療院に通わなくてすむ方法を知りたくないですか? 治療家の私が言うのもなんですが、それは、病院や治療院での「治療」を続けてもなかなか手に入りません。 「根本的治療」とか「痛みの原因にアプローチ」といっても(私も言ってました)、慢性的な腰痛や肩こりに対しては対症療法にすぎません。 対症療法がダメと言っているわけではありません。むしろ私は、一時的にでも症状を和らげる治療は積極的にやるべきだと思いますし、対症療法しか打つ手がないケースもあると思います。
パーソナルトレーニング

女性・中高年にこそウエイトトレーニングを!

ウエイトトレーニング(おもりを使ったトレーニング)は、姿勢の改善、腰やヒザの痛みの改善などに効果的です。 しかし、ウエイトトレーニングというと、「筋肉ムキムキにするやつでしょ」「かえって腰やヒザが痛くなりそう」などと敬遠されることも多いです。 実際、筋肉を大きくするためにやっている方も、腰やヒザを痛める方もいらっしゃいます。
パーソナルトレーニング

中高年にこそファンクショナルトレーニングを!

「当院ではファンクショナルトレーニングを指導しています」と言うと、「それって若い人向けじゃないの?」とか「どこも痛くない人用でしょ?」と言われることがありますが、違います。 ファンクショナルトレーニングとは、その名の通り、機能的(ファンクショナル)な動きを習得する練習なのですが、中高年や関節の痛みなどのある人にこそやって頂きたいものです。
その他

ワークショップ@ボーダーフェスティバル

毎年ゴールデンウィーク明けの日曜日に、当院のある鎌倉・由比ガ浜通りで「ボーダーフェスティバル」というイベントを行っております。当院もこのイベントに参加しており、当日何をやるかというと、トレーニングのワークショップをやります。その名も「ランナーのための、サーファーのための、猫背のためのワンコイントレーニング」です。
パーソナルトレーニング

コンディショニングって何?

みなさんは「コンディショニング」という言葉をご存知でしょうか? 直訳すると「整える」です。何を整えるかというと、体の「動き」をです。 この「コンディショニング」を、オリンピック選手から一般の方にまで提供してきた日本の第一人者であるR-body project代表の鈴木岳氏による講演会を、横浜で開催します。
パーソナルトレーニング

世界一のストレッチ

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。講座の中で、「アクティブストレッチ・ワールドグレイテスト」というストレッチの種目を教わりました。 これは、5つのポーズを連続して行うストレッチです。
パーソナルトレーニング

自分にとって必要と感じたらやる

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。R-bodyでは、リーチプログラムといって、クライアントとのコミュニケーションを学ぶプログラムがあるのですが、ここでもいくつもの気付きがありました。
首・肩の痛み

肩が回らないのは首のせいだった

前回に引き続き、コンディショニングコーチ養成講座でのお話です。終盤の総合演習中に忘れられないことがありました。 この日は、クライアント役を連れて行って、その方に対して問診から動作評価・分析、その結果に基づいたトレーニングプログラム作成・指導までを行うという演習でした。
パーソナルトレーニング

コンディショニングコーチはじめました

先月、最後の筆記試験をクリアして、晴れてR-bodyのコンディショニングコーチに認定して頂きました。 これまで特にスポーツに深く関わって来なかった私が、この歳でトレーニング指導をやるようになるとは思ってもみませんでした。
パーソナルトレーニング

動作分析はじめました

私は先週から週2回、東京・大手町のR-body projectというところにトレーニング指導の勉強に通っています。 私がこちらで学んでいるのは、スポーツのパフォーマンスを上げるようなトレーニングではなく、それ以前に体がちゃんと機能するように持って行くコンディショニングというものです。
タイトルとURLをコピーしました