体表解剖学研究会

067B

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

昨年から、たびたび土・日にお休みを頂いて参加していた体表解剖学研究会の、運動器系体表解剖セミナーの全日程が先週末で終了しました。

通院中のみなさんには大変ご迷惑をおかけして参加していたわけですが、このセミナーはそれほど私にとって重要なものでした。

この研究会は、筋肉・骨・神経など運動器の構造を3次元的に理解し、これらを体表から正確に触わりわける方法を研究しています。そしてこのセミナーでは、2人1組になってお互いの体を使って、触りわけた筋肉をマジックで描いて、講師にチェックしてもらいます。

090A

これがなかなか難しく、今までさんざん触ってきたはずの筋肉でさえ正確に取ることはできません。さらに、解剖書と違う新事実や、個体差による多くのバリエーションが存在することも知りました。そして、恐ろしいことに私を含めほとんどの医療職が正確に触察ができていないという事実を知ることになりました。

特にトリガーポイント療法を行う者にとって、正確に体を触れることが最も大切と言っても良いと思いますので、体表解剖において日本のトップレベルの先生方から直接指導を受けられたのは、非常に貴重な経験でした。今後の臨床に生かして、みなさんにご迷惑かけた分をお返ししたいと思います。

ご指導いただいた講師の先生方、体を貸して頂いた参加者の方々、本当にありがとうございました。数年後に再受講したいと思いますのでその際はよろしくお願いします。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

筋膜とトリガーポイント

036

こんにちは!神奈川県鎌倉市で筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント治療を行っているますだ治療院です。

前回は、トリガーポイント痛みやシビレの原因の部位で、頸椎症、五十肩、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、変形性関節症など様々な疾患が、トリガーポイントが原因の可能性があるということを書きました。

今回は、「なぜトリガーポイントができるのか」「できてしまったトリガーポイントへの対処法」について書きたいと思います。そのためにはまず、トリガーポイントがよくできる場所である筋膜について説明する必要があります。

一口に筋膜と言いますが、実は色々な階層の筋膜があります(下の図参照)。ですので、昨今マスコミで取り上げられる際の筋膜も、この内のどこを指しているかで少々話が違ってきます。

ますだ治療院では、便宜上、皮下組織にあってボディスーツのように全身を包むものを浅筋膜と、各筋肉を分けて包むものを深筋膜と呼んでいます。

IMG_20160807_0004_NEW

浅筋膜深筋膜」や「深筋膜とお隣の深筋膜」の間が癒着してうまく滑らないと、痛みやシビレの原因=トリガーポイントになります。

癒着する原因としては、長時間の同姿勢、誤った体の使い方、過去のケガなどが上げられます。特に最近は、パソコンや携帯電話による姿勢保持筋の問題が多く見られます。

次に「できてしまったトリガーポイントへの対処法」についてですが、局所の循環を改善し、筋膜間の癒着を解消し、筋肉の動きをスムーズにすることが目標になります。

当院では、手または鍼(はり)を使ってそれを行います。これまでの施術法と違うのは、単に硬くなっている場所を刺激するのではなく、筋膜間を意識して刺激するという点です。最近では、エコー(超音波)の画像を見ながら施術するという所もありますが、当院では、姿勢や動作分析と触診によって部位を決定し、患者様の反応を見ながら施術を行います。

また、根本的な解決には、日常の姿勢の改善や運動が欠かせないので、当院ではそれらに対するアドバイスも行っていきます。

(図は、竹井仁先生の「正しく理想的な姿勢を取り戻す姿勢の教科書」よりお借りしました)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

トリガーポイントとは

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

さて、最近テレビでトリガーポイントについて相次いで取り上げられたらしく、トリガーポイント神奈川などの検索キーワードで当院のホームページにたどり着かれた方からの問い合わせが何件かありました。

トリガーポイントとは、簡単に言うと「痛みやシビレの原因の場所」です。筋肉などの場合、約7割は、痛む場所とその原因になっている場所が違っていると言われています。

例えば、下の図は、肩甲骨のうしろにある筋肉(棘下筋)に形成されたトリガーポイントが、肩や腕の痛みやしびれを引き起こす可能性があることを示しています。青い点がトリガーポイント、赤いエリアが症状が出やすい場所です。(図は「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」Simeon Niel-Asher著、伊藤和憲監訳より)

このようにトリガーポイントは、痛む場所と離れていることも多く、レントゲンなどの画像に写るわけでもないので見つける事は簡単ではありませんが、うまく見つけて刺激すれば非常に効果があります。

ますだ治療院では、問診・運動検査・触診などによってトリガーポイントを見つけ出し、浅い部位はで、深い部位は鍼(はり)で刺激します。

以前は、トリガーポイントは「筋肉の中にできるコリのようなもの」と言われていましたが、最近では、「筋肉などを包む膜が変性したり癒着している部位なのではないか」と言われています。そのため、トリガーポイントが原因で起こる様々な症状を、筋膜性疼痛症候群と呼びます。

筋膜は全身にあるため、トリガーポイントも体の様々な部位に形成される可能性があります。もちろんトリガーポイントばかりが痛みしびれの原因ではありませんが、神経痛関節痛と思われていたものがトリガーポイントへの治療で改善するケースは珍しくありません。頸椎症、五十肩、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、変形性関節症など様々な疾患が、トリガーポイントが原因の可能性があります。

img_0714

⇒書いてる人を見る

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

年末年始のご案内

DSCN2809(2)

少し早いですがメリークリスマス!

神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。本日は、年末年始の営業のご案内をさせて頂きます。

ますだ治療院は、外来・訪問とも年内は12/30(水)まで年始は1/4(月)より営業致します。

尚、12/30までは、土・日・祝日とも休まず営業致します。(木曜日はお休みを頂きます)

また、年始の鎌倉は初詣客で混雑します。特に鶴岡八幡宮前は渋滞が予想されますので、そちら方面からのお車でのご来院はお勧めしません。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

バレエと筋肉の痛み

DSCN8044(2)

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

バレエをやっている患者さんから「治療の参考になるかもしれない」と1冊の本(と用語集)をお借りしました。

本のタイトルは「インサイド・バレエテクニック」。解剖学や人体力学(ボディメカニクス)をバレエのレッスンに結び付け、テクニックの習得を助けるという本です。お借りしたものは2012年版でしたが、裏表紙を見ると1997年に初版が出てから16刷の歴史のあるものでした。しかし、その内容は全く古臭くなく、バレエダンスをやっていない人にも役立つエピソードが色々書かれていました。

例えば、筋肉の3つの役割についてです。1つ目は短縮性収縮といって筋肉が収縮するにつれて筋肉の長さが短くなり、その結果関節が曲がるというもの。これが一番わかりやすいと思います。肘を曲げると力こぶが出るアレですね。

2つ目は等尺性収縮といって力を出しても筋肉の長さが変わらず、関節も動かないというもの。代表的なのは姿勢を維持している時の筋肉の状態です。

3つ目は伸張性収縮といって筋肉が長く伸びながら収縮するというもの。これは少し複雑ですね。おじぎの上体が倒れていく時の背中の筋肉などがこの状態です。

多くの方は、筋肉の収縮といえば短縮性収縮しか思い浮かべないかもしれませんが、筋肉のトラブルに関係が深いのは等尺性収縮伸張性収縮です。

等尺性収縮は、慢性の痛みに関係します。例えばデスクワークの時、良い姿勢であればあまり筋肉に力を入れる必要は無いのですが、猫背になっていると首や腰の筋肉の等尺性収縮によって姿勢を維持することになり、それが長時間になると筋肉は血行不良となり肩こり腰痛の原因になります。

伸張性収縮は、急性の痛みに関係します。上記のような慢性の血行不良で柔軟性の無くなった筋肉は、おじぎなどの伸張性収縮で簡単に損傷します。もともと引き伸ばされながら収縮するという不自然な動きなのでトラブルの原因になりやすいです。ぎっくり腰のパターンとしても良く見られます。

このように、筋肉の収縮のパターンを知るだけでも、痛みの原因や気を付けるべきことがある程度わかると思います。ご参考になさって下さい。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

筋膜性疼痛症候群とは

こんにちは!鎌倉トリガーポイント鍼手技療法を行っているますだ治療院です。

今日は、筋膜性疼痛症候群について書きたいと思います。これは、最近少しずつ知られてきましたが、まだまだマイナーな病気で、英語ではMyofascial Pain Syndrome略してMPSとも言います。

これは、筋肉や腱、神経などを包む痛みしびれを出すというもので、以前は硬くなった筋肉が原因と考えられていましたが、最近は筋肉などを包む膜が厚くなったり、膜どうしが癒着するのが原因ではないかと言われています。

今まで五十肩ヘルニア変形性関節症神経痛と思われていたものが、実は筋膜性疼痛症候群だったということも良くあります。

この病気がマイナーである原因の一つは、レントゲンなどの画像検査ではわからないという事です。整形外科などではレントゲンに写る骨などに原因を求める傾向があるので、筋膜などの問題は見逃されがちです。

さらに、多くの場合痛い場所と原因の場所が一致しない事、解剖学的に説明がつかないケースが多いという事も、筋膜性疼痛症候群が理解されづらい原因でしょう。

例えば下の図の、上の点が原因の場所、下の赤いエリアが痛みの場所の例ですが、両者はご覧のように離れていて、神経などでつながっているわけでもなく、解剖学的に説明が付きづらいです。図のようなケースはよく坐骨神経痛と間違えられますが、実際にはお尻の奥の筋膜の問題です。(図は「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」(Simeon Niel-Asher著、伊藤和憲監訳)より)

%e5%b0%8f%e6%ae%bf%e7%ad%8b

筋膜性疼痛症候群の原因は、主に3つあります。

1つ目は使いすぎです。これは同じ作業を繰り返したり、長時間同じ姿勢が続くような場合です。

2つ目は使わなすぎです。これは、ケガなどで安静にした場合の他、楽な動きをするために特定の筋肉の動きが悪くなる場合などがあります。

3つ目は誤った使い方です。痛い所をかばった動きや姿勢、慣れていない作業や運動などによって起こる問題です。

他には、肉離れの跡や手術痕が問題を起こすケースや衣服や家具で繰り返し刺激される事による場合もあります。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒筋膜性疼痛症候群の治療法についてみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

頭痛にハリ治療

088

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

また、NHK「ためしてガッテンハリ治療が取り上げられましたね。

先週放映された「頭痛を元から断つスペシャル」で、痛くなる前にやるべき事の一つとしてハリ治療が取り上げられ、鎌倉逗葉鍼灸マッサージ師会で毎年講習会をお願いしている埼玉医大の山口智先生が施術風景を取材されていました。

ますだ治療院でも頭痛のお悩みで来院される方は多く、ハリ治療に抵抗のない方には積極的に施術を行っています。当院では、「刺激するといつもの頭痛と同じ場所に同じような痛みが出る場所=責任トリガーポイント」を探し出し、ハリまたは手で刺激した後ストレッチし、ご自宅でもマッサージやストレッチをやって頂きます。

ただ、頭痛の原因になる可能性のある筋肉は首の周りを中心にたくさんあるので、その中のどの筋肉のどの部分にトリガーポイントが形成されているかを探し出すのは容易ではありません。しかしうまく見つけて刺激してやると、多くの場合頭痛の頻度や程度が改善します。頭痛でお悩みの方は一度お試し下さい。

ちなみに、当院に片頭痛偏頭痛)といって来院される方の半数以上が緊張型頭痛と思われます。頭の片側が痛いのが片頭痛ではありません。詳しくはこちらをご覧下さい。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩こりの原因は筋膜のシワ?

094B

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

今月の9日に、NHKの「ためしてガッテン」で肩こりの特集が放送されて以来、当院にも多くの肩こり首こりでお悩みの方が来院されています。というのも、その番組に当院が所属しているMPS(筋膜性疼痛症候群)研究会の木村会長が出演され、番組のホームページで研究会のサイトが紹介されたからです。

その番組では、「ガンコな肩コリの原因は、筋肉をおおう筋膜にできたシワである」と説明されていました。様々な痛みやコリの原因になっている、筋肉上の触ると硬いところ(トリガーポイントとも言います)は、これまで筋繊維が硬くなっていると考えられていましたが、エコーの進歩などによって、筋肉を包む膜が厚くなったり癒着したりしているのではないかと言われ始めました。そのことをわかりやすく筋膜のシワと言ったと思います。

番組では、生理食塩水をそのシワに注射してそれがほどける様子が放送されていましたが、はり)や手の刺激プラス運動でも同様にほどけます。簡単に言うと、水分が少なく動きが悪くなった筋膜が、刺激され動かされる事によって、またみずみずしさと動きを取り戻すのではないかと私は考えています。

ちなみに当院では、体表に近い簡単にさわれる部位は手で、深部などさわりづらい部位は鍼で刺激します。また、慢性の場合は一度ほどけても戻るのでご自宅でのセルフケアも重要視しています。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ヘルニアや坐骨神経痛に効果ありますか?

019B

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリース・トリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

先日メールで「腰椎椎間板ヘルニア坐骨神経痛に(おたくの施術は)効果がありますか?」というお問い合わせを頂きました。同様の質問をよく受けますので、お答えした内容をお書きします。

まずご理解いただきたいのは、坐骨神経痛は「お尻から足にかけての神経が痛む症状」でヘルニアはその原因になる「椎間板の飛び出し」の事です。

この「飛び出し」を、手や鍼(はり)で治せるかといえばそれは不可能です。しかし、当院にもヘルニアと言われて来られた方で良くなった方はたくさんおられます。

その理由は2つ考えられます。1つは「実際にはヘルニアではなかった」、もう1つは「ヘルニアもあったが痛みしびれの原因は筋膜など軟部組織の問題だった」です。

〇〇様の症状が、本当にヘルニアによる坐骨神経痛であれば、飛び出したヘルニアが吸収されるまでの時間が必要です。典型的なヘルニアの特徴は、「SLRテスト(仰向けで痛い方の足を持ち上げる)で足に激痛が走る」「足のマヒや筋力低下が起こる」「MRI検査で椎間板が飛び出している場所が、痛みの出ている場所と矛盾しない」などです。

もし上記に当てはまらない場合は、お尻や足の筋膜などが原因の可能性があります。その場合は、筋膜性疼痛症候群(MPS)といい、当院で行っているトリガーポイント療法が効果的です。

ますだ治療院では、 問診・運動検査・触診などで痛みしびれの原因(トリガーポイント)を探し、手または鍼(はり)で刺激をすることによって、局所の循環や滑走性の改善をはかります。

お尻や足に痛みやしびれがあると坐骨神経痛と思われがちですが、筋膜など軟部組織へのアプローチで改善するケースは意外に多いです。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる 

自己紹介

 

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っている、ますだ治療院院長の益田と申します。このたび、ブログをこちらに引っ越しましたので、あらためて自己紹介させて頂きます。

私は、平成9年の国家資格取得以来、約20年間、運動器疾患(関節痛や神経痛など)を中心に臨床に携わっている中で、痛みしびれの原因の多くが、筋膜など軟部組織にあることを確信しました。

また、軟部組織が原因の痛みしびれに対して、その原因となっている場所を探し出して刺激するトリガーポイント療法が効果的であることも実感しております。

しかし現在の整形外科では、軟部組織痛みしびれの原因になるという考え方はマイナーであり、レントゲン画像に写る骨や軟骨に原因を求めるのが主流です。また、そこに異常が見当たらなければ脳や心の問題と言われることもしばしばです。

頸椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、変形性関節症などの病名がつけられている方の中に、軟部組織に対するトリガーポイント療法で劇的な改善がみられる方がたくさんおられます。

痛みしびれでお悩みの方は、ぜひ、その症状が適応かどうかこちらまでご相談ください。

【略歴・所属】

1964年 香川県生まれ
1987年 龍谷大学 経営学部 卒業
1997年 日本鍼灸理療専門学校 卒業
はり師・きゅう師(国家資格)取得
2000年 ますだ治療院 開院
2004年 介護支援専門員(ケアマネジャー)取得
2012~2016年 鎌倉逗葉鍼灸マッサージ師会 会長

筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会 会員
臨床トリガーポイント研究会 会員(B級ライセンス取得)
体表解剖学研究会 運動系体表解剖セミナー A・Bコース修了

【趣味】

サーフィン
犬の散歩
音楽(JAZZ、SOUL、LATIN、etc)
⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる