こめかみの頭痛に対するトリガーポイント療法

 

こんにちは!神奈川県鎌倉市頭痛に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

昨日最後の患者様は、3日前からの左右のこめかみ周囲の頭痛を訴えて来院されました。

ご本人は、もともと肩こりがひどいので、それとの関連を疑っていらっしゃいましたが、首・肩まわりの筋肉を触っても、こめかみへ響くところはありませんでした。

そこで、こめかみと関係の深い、顎(あご)の筋肉を触った所、「こめかみに響きます!まさに痛い時の感じです!」とおっしゃいました。

ということは「顎の筋肉(筋膜)に、こめかみ頭痛の原因であるトリガーポイントが形成されている」と考え、その場所を指先で刺激しました。(下の画像の黄色いところです)

さらに、「歯ぎしりや食いしばりの問題はありませんか?」とお尋ねしたところ、「以前、歯医者さんで食いしばりを指摘され、就寝時のマウスピースを処方されましたが、付けていませんでした」との事でしたので、寝る時にはそれをお付け頂く事と、トリガーポイントの場所をプリントしてお渡しし、ご自身でもセルフマッサージして頂くようアドバイスさせて頂きました。

そして、お帰りの際には、「すっきりしました」と言っていただきました。

このように、ご本人が思っているところと別の場所に痛みの原因トリガーポイント)があるケースはめずらしくありません。頭痛でお悩みの方はぜひご相談下さい。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

坐骨神経痛(15年間のお尻の痛み)

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリース・トリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

先日、坐骨神経痛を訴えて来院された方から、施術後のご感想をいただきましたので掲載させて頂きます。

お名前:Y.U.様  年齢:31歳  性別:女

お悩みの症状:坐骨神経痛(お尻の痛み)

コメント

先日は急な来院にも関わらず、母と2人、大変お世話になりました。またテニスボールまで頂き、重ねて御礼申し上げます。毎晩コロコロしております。

お尻の痛みですが、施術後ウソのように消え、現在も調子よく過ごしております。仰向けに寝るのも、今のところ差し支えありません。

仕事柄座りっぱなしで、今まで夕方になるとお尻の右側が痛くて仕方なかったのですが、今日はまったく気になりませんでした。

今まで15年間ヘルニアだとばかり思っていたのですが、30分の施術で治り、家族も大変驚いておりました。もっと早く来ればよかったです。本当にありがとうございました。

(以上、原文のまま)

 

この方は、15歳の頃から約15年間、お尻の痛みで悩んでおられ、椅子に座っているのがつらかったり、あお向けに寝る事ができなかったそうです。

整形外科では、「座骨神経痛です」と言われたそうですが、特に治療は行われなかったとの事です。

当院では、問診・運動検査・触診から、筋膜性疼痛症候群MPS)の可能性があると考え、臀部深層の筋膜に対するトリガーポイント手技療法を行ったところ、「まさにその痛みです!」というところにヒットし、その場で痛みが消失し、あお向けになることもできるようになりました。

そして、約1週間後のご連絡では、上記アンケートのとおり症状の再発は無いようです。

このように1回の施術で劇的に改善するものばかりではありませんが、長年、ヘルニア脊柱管狭窄が原因の坐骨神経痛と思っていたお尻の痛み足のシビレが、筋膜に対するトリガーポイント療法で改善するケースは珍しくありません。

根本的解決には、なぜそこにトリガーポイント(痛みやしびれの原因)が形成されるのかを考え、その要因になっている姿勢や生活習慣を変える必要がありますが、施術とセルフケアでとりあえず痛みが出ない状態を作ることが最優先課題だと当院では考えています。

 

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

膝痛に悩まれている方へ

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

「けんいち(ベースボールマガジン社)」という雑誌の膝痛特集で、最近私がフォローしている広島国際大学の蒲田和芳先生の「膝痛解消RRRプログラム」という記事が載っていました。

蒲田先生曰く、日本人の変形性膝関節症のほとんどはO脚変形であり、そのほとんどに、つま先が外を向く「下腿外旋拘縮」が認められるそうです。

下腿外旋拘縮」は、軟部組織(腱、靭帯、筋膜、皮膚、脂肪組織など)の癒着によって、膝から下が外側にねじれた状態です。

RRRプログラムでは

  1. 痛みを解消し、関節の適切なアライメント(配列)を獲得し、
  2. 良好なアライメントを維持するための筋活動パターンの構築して継続的な効果につなげ、
  3. マルアライメント(配列異常)が再発しないための好ましい運動習慣の獲得で再発予防を図る

という3つを治療プロセスの柱にしています。これは、膝痛以外にも肩や腰・股関節などあらゆる部位の問題に対応していると思います。

皮膚や皮下脂肪が筋膜にはりつくと筋肉の動きを妨げ、じん帯や関節包にはりつくと関節の動きを妨げますが、徒手的な治療技術(リリース)でそれらをはがすとアライメントが正常な位置に戻り、多くの場合痛みも軽くなります。

リリースの手法は色々あると思いますが、蒲田先生は「筋膜リリース」という言葉を使わず、「組織間リリース®」という独自の手法を使っています。余談ですが、私も9月と10月に組織間リリース®のセミナーに参加するので今から楽しみです。

ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが、記事では、膝の外側、太ももの表・裏の皮膚と筋膜の癒着をはがす方法が紹介されていました。

リリース後はねじれを直すエクササイズを行い、筋力トレーニングやストレッチングで良好なアライメントを維持します。

記事では、ニーアウトスクワットやふくらはぎのストレッチングなどが紹介されていました。

一般向けの雑誌にしてはかなり専門的な内容ですが、私は非常に優れた記事だと思います。膝痛で悩まれている方は読まれることをお勧めします。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

筋トレ?ストレッチ?それともフォームローラー?

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

慢性の痛み・シビレの改善には、ご自身でのセルフケアが重要です。
しかし、その方にとって「必要なもの」を「効果的なやり方」で行わないと意味がありません。

「筋トレを行っているが症状が改善しない」という方は、必要な筋肉に対するトレーニングになっていない可能性があります。また、そもそも、その症状に対して筋力トレーニングが必要なのか検討する必要がある場合もあります。

また、筋膜などの柔軟性や滑走性に問題があるままストレッチやトレーニングを行うと、伸びやすい部分だけが伸ばされたり、動かしやすい誤った体の使い方になる可能性があります。

当院では、特に筋膜の柔軟性を回復させるために、マッサージボールフォームローラーを使った筋膜リリースの指導に力を入れています筋膜リリースの後に、ストレッチやトレーニングを行うと非常に効果的です。

ますだ治療院では、院内での指導以外に、自治体や企業、お店などでの健康教室などにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

⇒書いてる人を見る

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

尾てい骨の痛み・足のしびれ

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

先日、尾てい骨の痛み足のしびれを訴えて来院された方から、施術後のご感想をいただきましたので掲載させて頂きます。

お名前:S.I.様  年齢:53歳  性別:女

お悩みの症状:尾てい骨横の痛みと足のしびれ

コメント

とてもよかった。

鍼のおかげで足のしびれがなくなり、不思議とひざの痛みまでも消えました。

テニスボールを使ったストレッチも教えて頂き、毎日やっています。

(以上、原文のまま)

この方は、足のしびれを訴えて整形外科を受診したところ、レントゲン検査で「座骨神経痛です」と言われ、炎症止めと血流改善の薬を処方され、しばらく服用しましたが症状が改善せず、当院にいらっしゃいました。

当院では、徒手検査でSLRテスト陰性、深部腱反射・下肢の筋力ともに正常、臀部の筋肉の押圧で下肢のしびれが増悪することなどから、筋膜性疼痛症候群MPS)の可能性があると考え、臀部深層の筋膜に対するトリガーポイント鍼療法を行いました。

2回目の来院の際には「足のしびれが無くなりました!」「この間、旅行で2万歩あるいたけど何ともなかった」「初診で言っていなかった、膝がコキコキいって痛いのまで消えた」とご報告いただきました。

このように1回の施術で症状が改善するものばかりではありませんが、長年、ヘルニア脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛と思っていた足のしびれが、筋膜に対するトリガーポイント鍼療法で改善するケースは珍しくありません。

また、臀部の筋肉は股関節の動きに関わり、股関節の動きは膝に影響をおよぼすため、この方の場合、膝の痛みまで改善したものと思われます。

ご自宅で、テニスボールのストレッチ(正確にはセルフマッサージ)をまじめに行って頂いたのも良かったかもしれません。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

自分でできるマッサージ(腰痛編その2)

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

前回に引き続き「自分でできるマッサージ腰痛編)」です。前回、腰痛の方に、テニスボールを使ったお尻や腰のマッサージをお勧めすると書きましたが、今回はその場所とやり方です。

まず、お尻の場合です。お尻の筋肉と言っても色々あるのですが、まずは腰痛と関わっていることが多い中殿筋(ちゅうでんきん)と大殿筋(だいでんきん)の重なる部分、(下の画像の青線で囲んだあたり)を中心にマッサージして下さい。

下のイラストのように、布団や床の上に置いた硬式のテニスボールの上にマッサージしたい場所を乗せて、自分の体重で押しつけます。20~30秒押しつけるだけでも結構ですし、前後や左右に少し動いて刺激するのも効果的です。

最初は筋肉全体をマッサージしてみて、特に痛気持ち良い場所があればそこを重点的にやってみて下さい。「いつもの腰痛の感じ」が再現できればベストですが(再現できればそこがトリガーポイントです)、痛気持ち良いだけでもOKです。

何も感じないようなら刺激が弱すぎるかもしれません。下が硬いほど刺激が強くなりますので、布団の上で感じなければ絨毯の上で、それでも感じなければフローリングの上でやってみて下さい。逆に痛くてつらい場合は、下がやわらかい場所で行って下さい。

次に腰です。こちらも実際には色々な筋肉があるのですが、まずは代表的な脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん、下の画像参照)をマッサージして下さい。ご自身が感じている場所より上で痛い場所へひびくことも多いです。これも「いつも痛い場所へひびく」のがベストですが、こだわらなくても大丈夫です。

脊柱起立筋マッサージは、下のイラストのようにあお向けで行って下さい。着ている衣服の厚さも刺激の強さに関係しますので、あまり感じない場合は下着で行ってみて下さい。

前回も書きましたが、急性や激しい痛みの場合は、マッサージが逆効果の事もありますので専門家にご相談ください。また、最初は弱刺激、短時間で様子を見て、調子が良いようなら少しずつ刺激の量や時間を増やしていって下さい。何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

(画像はEssential Anatomy 5より、イラストは酒井慎太郎著「腰・股・膝の痛みはテニスボール1個で消える」マキノ出版よりお借りしました)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

自分でできるマッサージ(腰痛編その1)

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

SNSで、ブログで取り上げて欲しい内容をゆる~く募集したところ、色々リクエスト頂きましたので、その中から今回は「自分でできるマッサージ腰痛編)」と題して書かせて頂きます。

はじめにお断りしておきますが、これからお話しする内容は、慢性の腰痛に対するものです。いわゆるぎっくり腰など急性のものや激しい症状の場合は、マッサージすることによって悪化することもありますのでご注意下さい。

では本題に入りますが、マッサージをする上で最も大切なのは「どこをマッサージするか」ということです。というのも、ご自身が痛いと感じている所と原因の場所は違うことが多いからです。これをトリガーポイントといい約7割は痛いところと違う場所に原因があると言われています。

例えば、当院に「腰が痛い」といらっしゃる方の半数位はお尻(=股関節筋)に原因があります。「でもこうやって腰を曲げると痛いんですよ」とおっしゃいますが、実はその多くが、腰の動きではなく股関節の動きです。

腰かお尻か見分ける簡単な方法は、痛みの出る動作を立ってと座っての両方やってみる事です。立ってやると腰と股関節の両方が動きますが、座ってやると股関節が固定されるので腰のみの動きになります。

  1. 立ってやると痛い、座ってやると痛くない⇒お尻に原因がある可能性が高い
  2. 立ってやっても座ってやっても痛い⇒腰・お尻どちらの可能性もアリ
  3. 座ってやると痛い、立ってやると痛くない⇒(あまりないが)腰に原因がある可能性が高い

1ならお尻を、3なら腰をマッサージすれば良いですが、2の場合はどちらかをマッサージしてから動かしてみて、楽にならなければもう一方をマッサージして下さい。

自分でできるマッサージとしてお勧めなのは硬式のテニスボールを使うものです。テニスボールを布団や床の上に1個転がしておいて、その上に寝転んで自分の体重で腰やお尻を押します。(当院ではこのようなものを患者さんに配るように常備してあります)

テニスボールを2個くっつけて使う方法もありますが、私は、ピンポイントで刺激できる1個でのマッサージをお勧めしています。「1個だとボールが逃げてやりづらい」という方は、テニスボールを靴下にいれてやってみて下さい。

マッサージする詳しい場所や、やり方については次回お話します。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩甲骨はがし、筋膜はがし

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

今日の午前中の患者さんに、「肩甲骨のあたりがつらくてしょうがないんですが、最近、整体などでやっている肩甲骨はがし筋膜はがしというのは効くんでしょうか?」と聞かれました。

たしかに〇〇はがしというネーミングはインパクトがあっていかにも効きそうです。

まず、肩甲骨はがしというのが何を指すのかがはっきりしませんが、おそらく下の写真のように肩甲骨の裏側に指を入れる手技だと思います。一見して「効きそう!」ですね。

おそらくこの施術を受けたい人は、このあたりにつらさを感じてるんでしょう。しかし、このアプローチで刺激できる菱形筋や肩甲骨の裏側の肩甲下筋をいくら刺激してもそのつらさは改善しないと思います。

また、筋膜はがし筋膜リリース)については以前にもこのブログに書きましたが、多くの情報はデタラメです。「筋膜はがしやってもらったけど痛くて気持ち良かった!」と言っている時点で、多分それは単なるマッサージです。

マッサージが悪いと言ってるのではありません。むしろ的確な部位へのマッサージなどの刺激こそが、痛みやしびれの改善に最も効果的だと思います。問題は、刺激すべきところはどこかという事です。つらいところをマッサージすれば良いわけではありません。

肩甲骨あたりのつらさの原因にも色々なパターンがありますが、うちに来院される方の場合、少なく見積もっても半数以上が肩甲挙筋(下の図)の問題です。つらい場所と原因の場所は違うのです。これをトリガーポイントといいます。

今朝の患者さんも、手や鍼(はり)で肩甲挙筋を刺激すると、「肩甲骨の方へひびきます!」「痛い場所を押してもらってもダメなんですねー」と納得されていました。

もちろん、根本的な解決には周囲の筋肉(筋膜)や姿勢の問題へのアプローチなども必要ですが、まずはダイレクトにつらさの原因になっている所を見つけて楽にすることが何より大切だと私は考えています。

(上の写真は、ArtRiggs著、広橋憲子監訳「ディープティシューマッサージ」医道の日本社より、下の画像はEssential Anatomy 5よりお借りしました)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

筋膜性疼痛症候群の治療法

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

最近、「おたくでは筋膜性疼痛症候群に対してどんな治療を行っているんですか?」という質問のメールをよく頂くので、あらためてこちらのブログにも書いておきます。

まず、当院は鍼灸マッサージ院ですので、注射や薬剤の処方はできません。(また正確には治療という言葉も使えません。施術と言います)

当院で行うのは、トリガーポイント(痛みやしびれの原因になっている部位)を、または鍼(はり)で刺激する施術です。例えば下の図は、よくヘルニアによる坐骨神経痛に間違われる小殿筋という筋肉のトリガーポイントについてですが、青い点がトリガーポイントができやすい場所、赤いエリアが痛みやしびれを感じやすい場所です。(図は「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」(Simeon Niel-Asher著、伊藤和憲監訳)より)

トリガーポイントは、筋肉の使い過ぎや誤った使い方、過去のケガなどが原因で、筋肉などを包む膜どうしが癒着したり、膜を取り囲む基質がゼラチン状になっているような場所にできます。

上の図のように、症状を感じるところとは別の場所にできることも多く、見つけるには運動検査や触診などの技術が必要なのですが、うまく見つけて手や鍼で刺激すると瞬間的に症状の再現や増悪がみられ、ご本人も「あ、それだ!」と実感されます。

代表的な刺激の方法は、「指先で圧迫する」「指先を組織間に滑り込ませる」「鍼を刺す」「筋肉に鍼を刺して電気で収縮させる」などです。よく「治療は痛くないですか?」と聞かれますが、上手にトリガーポイントを刺激できると「痛いけど気持ち良い」「痛いけど刺激して欲しい」と言われます。

そのように刺激することで、局所の循環を良くしたり、組織間の滑走性を改善し、トリガーポイントを不活性化させることによって、痛みやしびれの改善をはかります。当院では、表層の組織や広い範囲が問題の場合は手、深層の組織やピンポイントの問題の場合は鍼を使う事が多いです。

⇒筋膜性疼痛症候群についてみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

「3大腰痛タイプ別解消法」みんなの家庭の医学

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

昨晩、自宅でたまたま点けたテレビで「日本人に多い3大腰痛 タイプ別解消法」というのをやっていました。

曰く、

タイプ1「腰部脊柱管狭窄症」(身体を動かす時に重だるい腰痛、身体を後ろにそらすと腰痛と両足のしびれ・痛み)

タイプ2「腰椎椎間板ヘルニア」(突然腰にズキッとした痛み、前かがみで鋭い腰痛と片足にしびれ・痛み)

タイプ3「原因がわからない腰痛」(腰痛の85%がこれ、脳の機能低下が原因の事も)

そして、タイプ1・2の解消法として腰のストレッチや筋力トレーニングなどが、タイプ3の解消法として脳のリハビリというものが紹介されていました。

おそらくこれが、現在の整形外科の腰痛に対する考え方の主流だろうと思います。MRI画像で脊柱管(背骨のトンネル)が狭くなっていたり椎間板が飛び出しているとタイプ1や2、それ以外は脳や心の問題と言われるという。

しかし、ここには筋肉筋膜などが原因のもの(筋膜性疼痛症候群)が抜け落ちています。私は自分の症例や周りの報告などから、タイプ3「原因がわからない腰痛」の中の多くが筋膜性疼痛症候群ではないかと考えています。

さらに、タイプ1・2のように画像で神経の圧迫があったとしても、それが痛みの原因ではないケースもあると思います。なぜなら、何も症状の無い方のMRI画像にも一定の割合で脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアが見られるという報告があるからです。ですので画像上タイプ1・2の方の中にも筋膜性疼痛症候群が紛れていると思われます。

もちろん、神経の圧迫や脳の機能低下が原因の腰痛もあると思いますが、それと同じかそれ以上に筋肉や筋膜が原因の腰痛があるという事を知って頂きたいと思います。

⇒筋膜性疼痛症候群の治療法についてみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる