サーフィンと腰痛

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

よく腰痛持ちのサーファーに「サーフィンって腰痛に悪いんでしょ?」と聞かれます。

確かに長時間のサーフィンに負担をかけます。しかし、ケアをしながら適度な時間サーフィンを楽しむことは、むしろ腰痛のために良いと私は思います。

腰痛持ちのサーファーのみなさんは、ぜひ以下の記事を参考になさってサーフィンを楽しんでください。

 

【サーフィンで負担のかかる筋肉 1】

サーフィンでは、ボードに立っている時間よりパドリングしている時間の方が圧倒的に長いと思います。

その時、無理に背中を反らせて漕いでいると脊柱起立筋多裂筋大臀筋(下図の青い部位)が疲れて、それが蓄積すると腰痛の原因になります。

私も昔、大きく背中を反らせてパドルするように教わりましたが、そうすると上記の筋肉が緊張して硬くなり、その結果、筋膜でつながっている腕を動かす筋肉まで動きが悪くなってしまいます。

ですので、パドリング時の背中の反りはほどほどにして、やお尻を固めず、できるだけ全身を使って漕ぐことをお勧めします。

また、サーフィン後に上記の筋肉をテニスボールなどでセルフマッサージしておくと良いと思います。

 

【サーフィンで負担のかかる筋肉 2】

サーフィンのライディング中に負担がかかるのは、後ろ足の股関節内旋筋である小殿筋(下図の丸印の深部)や股関節内転筋群(下図の青い部位)です。

レギュラースタンスの方は、右足の太ももを内側にひねりながら腰を落とす姿勢になりますよね。その時に負担がかかるのがこれらの筋肉です。これらの筋肉の疲労が蓄積すると腰痛股関節痛の原因になりますので、こちらもサーフィン後にセルフマッサージをお勧めします。

小殿筋はテニスボールを転がしておいてその上に横向きで寝てセルフマッサージ、内転筋群は下のようにフォームローラーを使ってのマッサージをお勧めします。(画像はトリガーポイント™さんのサイトよりお借りしました)

 

【本当にサーフィンが腰痛の原因?】

ご自分の腰痛の原因がサーフィンだと思い込んでいる人は多いですが、実はそれより日常生活の中に原因がある方も少なくありません。

例えば、デスクワーク中心の方は、サーフィンをしている時間よりも椅子に座っている時間の方が圧倒的に長いですよね。その時の姿勢が悪いとへの負担は大きいです。

具体的には、座っている時に骨盤が立っているか寝ているかです。立っているのが良い姿勢(下図右)、後ろに寝ているのがに負担のかかる悪い姿勢(下図左)ということです。

これは、サーフィンの波待ちの時も同じです。常に骨盤を立てることを意識して下さい。

また、どんなに良い姿勢でも長時間になるとには負担です。デスクワークなら立ち上がるとか、波待ちなら腹ばいになるなどして、連続して同じ姿勢にならないように工夫して下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

深爪の気合い

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

本日で、ISR組織間リリース)のセミナーが終了しました。このセミナーに出席するため治療院をお休みし、通院中の皆さまにはご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

以前もこちらに書きましたが、ISR組織間リリース)とは、広島国際大学の蒲田和芳先生が提唱されるリアラインコンセプトという関節疾病予防の考え方のなかで、様々な組織間の癒着を解消して、関節の可動域や痛みを改善する徒手療法(手による施術)です。

最近、筋膜リリースという言葉がメジャーになってきましたが、組織間リリースとは、筋膜だけでなく、皮膚、皮下脂肪、じん帯、関節包、神経などあらゆる組織間の癒着をはがし滑走性を回復させる、もう少し対象物を広げたものです。

今日は最終日ということで、4つの組織に対するリリースを4名の参加者とお互いにやり合い、その都度5つの項目について採点し合うというテストが行われました。

今回も組ませて頂いた方は全員、理学療法士の方でしたが、皆さんよく勉強されており、局所の触り分けはもちろん、運動学的、全身的な診かたもされていて、大変刺激を受けました。

ちなみに、組織間リリースでは、皮膚直下の浅筋膜をつまんだり、深部の関節包や骨をこすったりする際に痛くないように爪を短く切るのですが、本気の徒手療法家たちは、深爪の気合いも違いました。私もこの日のために結構がんばったつもりだったのですが、こんなんじゃあまだまだでした。

テストの方はいちおう及第点を頂きましたが、まだまだ修行が足りないので、しっかり自主練して(爪も気合い入れて)皆さまの臨床で、痛くないよう結果が出せるよう頑張ります。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ピアニストの肘と指の痛み

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

当院には、様々な楽器の演奏者がいらっしゃいます。先日、痛みで来院された方は、音大受験を控えた学生ピアニストさんでした。音大を目指される方は皆そうですが、この方も休日は8時間ぐらい練習されるということでした。

 

痛みの方は、今練習している曲が親を意識するものらしく、弾いている時に親の付け根が痛むとのことでした。

そこで、親を色んな方向に力を入れてもらう運動検査で、いたんでいる筋肉を見つけました。この方の場合は、短母指屈筋(下図の青い部位)でした。

 

痛みの方は、練習しているとだんだんに両が痛くなってくるということでした。こちらは、を動かしてもらっての運動検査では痛みが出なかったため、の周囲を触って痛む場所を探す触診を行いました。

すると、左右とも肘筋(下図の青い部位)を押すと、練習中に出るような痛みが再現されました。

 

いずれも手でその筋肉を刺激し、ご自宅でもセルフマッサージができるよう指導させていただきました。また、長時間の同姿勢による肩こりや背中の張りも痛みの遠因になることを説明致しました。

整形外科などでは、痛みは関節の問題と言われる事が多いのですが、当院では筋肉の問題(筋膜性疼痛症候群)ととらえるケースが多いです。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

腰痛には腹筋もストレッチも逆効果?

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

「よくわかる腰痛症の原因と治し方」(秀和システム)という本を読みました。これは、中尾浩之先生という理学療法士が書かれた、一般向けの本です。

この本には、「腰痛にストレッチは逆効果」「コアトレーニングに腰痛改善の効果は期待できない」「腰痛には腹筋より背筋を鍛えるべき」など、一般に腰痛対策として言われていることとは異なる内容が書かれていて面白かったので、その一部をご紹介します。

※の部分は私の個人的意見です。

 

【腰痛にストレッチは逆効果】

ストレッチには、筋肉と腱の移行部に集中的に伸張刺激を加えることにより、筋肉の滑走性を構成している筋節(サルコメア)を増やし、柔軟性を向上させる効果があります。

しかし、筋肉が痛みなどによって過度な緊張状態にある場合は、筋腱移行部に効果的に刺激を与えることはできず、むしろ防御性収縮などで緊張が増してしまい、状態を悪化させてしまうことになります。

※強い痛みが起きる前に行うストレッチは、筋肉の柔軟性を高め腰痛予防に効果があると思います。要は「いためてからやってもダメ」ということです。

 

【コアトレーニングに腰痛改善の効果は期待できない】

体幹の深層筋(コア)を鍛えることによって腰痛を軽減するという考え方があります。深層筋が腹圧に関わっていることから、腹圧を高めて体幹伸展筋の負担を減らそうというものです。

しかし、これはあくまで意識的にコアに力を入れた時だけ作用する話で、鍛えたからといって普段から腹圧が高まった状態になるわけではありません。

※コアトレーニングが無意味とは思いませんが、確かにそれだけでは腰痛改善にはつながらないと思います。大前提として、痛みの原因は筋力不足より柔軟性、滑走性の低下です。

 

【腰痛には腹筋より背筋を鍛えるべき】

 

いわゆる腹筋運動は、腰痛の改善効果は認められておらず、場合によっては腰痛を引き起こす原因となるため、現在で推奨されなくなっています。

背筋(脊柱起立筋、多裂筋)を鍛えることで、腰の負荷への耐久性を高め腰痛を予防することができます。

※本にも書かれていますが、腰痛のタイプや時期によってケースバイケースだと思います。背筋のトレーニングで痛みが増すタイプの方もいらっしゃるので注意が必要です。

 

いずれにしても、「腰痛にはコレ!」的なものを鵜呑みにせず、ご自分の腰痛には何が必要かを考えて取り入れられると良いと思います。よくわからない方はご相談下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

 

投票すると2,500円オフ!

8,901円こんにちは!神奈川県鎌倉市で筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

本日、衆院選が公示されましたね。鎌倉は市長選も重なるので10月22日はダブル選挙です。

今回も、ますだ治療院は「選挙割」を実施します。具体的には、今回の衆院選に投票された方は、初回の料金7,500円を5,000円に割り引きます。

ご希望の方は、投票所で「投票済証明書下さい」と言ってもらって、来院時にお持ち下さい。投票日より1か月間有効とします。

期日前投票でももらえます。こんなものです↓

当院以外にも、湘南地区を中心に230軒のお店で色々なサービスが受けられます。詳しくはこちら

しっかり考えて(ここ大事)、投票して、色んなサービスを受けて下さい!

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

腕や手のしびれと胸郭出口症候群または筋膜性疼痛症候群(MPS)

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

当院に手のしびれでいらっしゃる方は、事前に整形外科で頸椎症頸椎ヘルニアなどと言われていることが多いです。

しかし、当院では頸椎以外への施術で楽になる方が多いことから、実際には胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)または筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)といわれる病態の方が多いのではないかと推測されます。

【胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)とは】

鎖骨周辺の筋肉などが腕や手に行く神経・血管を圧迫することによってしびれ・痛みが出るというものです。

代表的な障害部位は、①前・中斜角筋の間、②鎖骨下筋と肋骨の間、③小胸筋と肋骨の間です。(下図参照)

【筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)とは】

「筋膜と筋膜」や「筋膜と神経や血管を包む膜」が癒着や滑走不全(滑りの悪さ)を起こすことによってしびれや痛みが出るというものです。

メカニズムのとらえ方に違いはありますが、胸郭出口症候群と同じような部位の問題が考えられます。

また、筋膜性疼痛症候群の場合は、肩甲挙筋や棘下筋(下図の青い部位)などが原因になっていることもあります。

 

【腕や手のしびれに対する治療】

ますだ治療院では、上記のような部位に、組織間の癒着や滑走性を改善させることを目的に、筋膜リリースや鍼(はり)治療を行います。

手のしびれの原因には、胸郭出口症候群筋膜性疼痛症候群以外にも以下のようなものがあります。あてはまる場合には整形外科、脳神経外科などの受診をお勧めします。

【親指~薬指の半分のしびれ】

手のひらの下を叩いたり、手の甲と甲を合わせると親指~薬指の半分のしびれが強くなると、正中神経が手のひらの下の方で圧迫される手根管症候群の可能性があります。

【小指~薬指のしびれ】

肘の内側を叩いて小指~薬指のしびれが強くなると、尺骨神経が肘のあたりで圧迫される肘部管症候群の可能性があります。

【手の甲(親指側)のしびれ】

しびれのある方の手首が上に曲げづらいようなら、橈骨神経麻痺の可能性があります。

【両手両足のしびれ】

両手両足が同時にしびれる場合には、頸髄の問題末梢神経の変性疾患の可能性があります。

【片側の手足のしびれ】

片側の手と足が同時にしびれる場合や、口のしまりがおかしい場合には、脳腫瘍脳血管障害などの可能性があります。

ご自身の手のしびれの原因がよくわからない方は、ご相談下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

五十肩の原因と治療法

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は、五十肩原因治療法セルフケアの一例について書きたいと思います。

【五十肩とは】

実は、五十肩肩関節周囲炎)には、明確な医学的定義がありません。肩関節の痛みがあり、検査等で他の病名が付かなかったものが五十肩または肩関節周囲炎と呼ばれます。

ちなみに狭義の肩関節とは、下の図の丸印のあたりのことです。時々、矢印のあたりのつらさで「五十肩でしょうか?」と聞かれる方がいらっしゃいますが、多くの場合いわゆる肩こりです。

【五十肩の原因】

定義自体があいまいなので原因も様々ですが、肩関節周囲の筋肉や腱、関節を包んでいる膜(関節包)などが硬くなったり癒着して、動かす時に痛みが出ている事が多いと思います。

中でもよく見られるのが、腕を上げる時、肩関節後面の筋肉や関節包が硬いために、上腕の骨頭がうまく滑り込まず、骨頭の上の組織をはさみ込んでしまうパターン(肩峰下インピンジメント症候群)です。

【五十肩の治療】

整形外科での五十肩の一般的な治療としては、消炎鎮痛剤や湿布の処方や、肩関節周囲への注射などがあります。

セルフケアとしては、肩関節後面の棘下筋小円筋(下の図の青色の筋肉)へのテニスボールでのマッサージを試してみる事をお勧めします。

痛みの激しい時期は避けて、腕を上げた時だけ痛むようになったら、テニスボールを転がしておいて上に寝るか、壁との間にテニスボールをはさんで押しつけるようにして、棘下筋小円筋を気持ち良い程度にマッサージしてみて下さい。そのあたりの硬さが原因の場合は、手が上がりやすくなると思います。

ただ、最初に書いた通り、五十肩には色々なパターンがありますので、このやり方で可動域が変わらない方は、ご相談下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩こりの原因と解消法

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。今日は、一般的な肩こり原因とその解消法について書きたいと思います。

①肩こりの原因

多くの肩こり原因は、パソコンや携帯電話などによる「長時間の同姿勢」です。

その際、頭を支え続ける筋肉や、腕を空中で固定し続ける筋肉が疲労して硬くなり、その結果、血流が悪くなります。

そのような状態が繰り返されると、その筋肉に過敏な部位(トリガーポイント)が形成され、常に肩こり痛み、場合によってはしびれを感じるようになります。

②肩こりの解消法(対症療法)

上記の「頭を支える」にも「腕を固定する」にも関係している肩こりの代表的な筋肉が肩甲挙筋(下の画像の青いところ)です。

肩甲挙筋は、ご覧の通りその大部分を他の筋肉に覆われており、体表から触れるのはほんの一部です。また、うつぶせになると、その後ろの僧帽筋(矢印の筋肉)が覆いかぶさってしまい、マッサージや整体でも施術されないことが多いです。

ですので、他人に触ってもらう場合は、座った姿勢か、横向きに寝て腕を体の横~後ろに置くとやりやすいです。

ご自分で対処される場合は、座った姿勢で、矢印の僧帽筋をめくるように肩甲挙筋の奥に指をつっこんだまま、逆の方向に頭を倒してストレッチをすると、比較的簡単に刺激できます。

③肩こりの解消法(根本的改善)

肩こりの根本的な改善のためには、やはり原因を取り除くか減らすしかありません。つまり、「パソコンやスマホの時間を減らす」か、「その時の姿勢を負担の少ないものにする」という事です。

前者ができるに越したことはありませんが、難しい方も多いと思いますので、後者の姿勢について説明します。

例えば、デスクワークの時の理想的な姿勢は下の絵のようなものです。(「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」伊藤和憲監訳、緑書房より)

この姿勢を取るには、骨盤を立てて座ることが必須です。上半身だけ良い姿勢を取ろうとしても無理があります。

骨盤を立てて座るためには、骨盤の後に枕を挟んだり、座面が前傾した椅子に座るなどの方法もありますが、太ももの裏やお尻の筋肉をやわらかくしておく事も重要です。その際は、テニスボールやフォームローラーでマッサージした後にストレッチを行うのがお勧めです。

肩こりに太ももやお尻?」と思われるかもしれませんが、太ももやお尻が硬い→骨盤後傾→背中が丸くなる→頭が前に出る→首~肩の筋肉が疲れる、というのはよくあるパターンなのです。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

治らない腰痛は、上・中殿皮神経が原因?

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

最近、一部で「治らない腰痛…お尻のでっぱり部分を押すと痛むなら上・中殿皮神経が原因か」というネット上の記事が話題になっています。(元記事はこちら

この記事では、「腰痛の1割が上・中殿皮神経の締め付けで起きているが、それを知る整形外科医は少ない」「治療法としては、神経ブロック注射と末梢神経剥離手術がある」としています。(下の図の青い部分が上殿皮神経)

私も、難治性の腰痛坐骨神経痛と言われているものの中に上・中殿皮神経の締め付け(というより癒着)が原因のものがあると思っていますが、治療としては、手で神経と筋膜との癒着をはがす筋膜リリース(組織間リリース)が、体へのダメージが少ないので、ファーストチョイスだと思います。

また、この記事では、お尻のでっぱり部分(上の図のピンクの丸印あたり)を押すと最も痛く、いつもの痛みやしびれが現れる場合は、上・中殿皮神経障害の可能性があるとしていますが、実際には判別はなかなか難しいです。

ご自身の腰痛やしびれが上・中殿皮神経障害かなと思われたら、まずはご相談下さい。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

組織間リリース(ISR)のセミナーに参加してきました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は治療院をお休みさせて頂いて、都内で行われた、組織間リリースISR)のセミナーに参加してきました。

組織間リリースISR)とは、広島国際大学の蒲田和芳先生が開発された手技療法で、筋膜筋膜の間にある疎性結合組織(下の画像参照、「ビジュアルで学ぶ筋膜リリーステクニック」医道の日本社より)の癒着を指先ではがすことによって、筋膜どうしの滑りを改善するテクニックです。

隣り合った筋肉が、別々の方向に動かなければならない事はよくあるのですが、その際それぞれの筋肉を包んでいる筋膜どうしがくっついたり滑りが悪いと痛みやしびれ、関節の動きが悪くなるなどの原因になります。

さらに、筋膜間だけでなく、筋膜と皮膚、筋膜と神経、筋膜と関節包など、様々な組織間でも癒着がおきる可能性があり、それらも施術対象となるため組織間リリースといいます。

最近、「筋膜リリース」や「筋膜はがし」という言葉がちょっとしたブームで、テレビや雑誌、ネット上などでも良く見るようになりましたが、蒲田先生によると、実際の筋膜自体は、手やフォームローラーで簡単にはがせるほどヤワなものではないそうです。

蒲田先生に直接ご指導いただくのは初めてでしたが、テクニック自体は非常に繊細で、かなり指先の感覚と解剖学の知識が求められるものでした。

9/23(土)と10/21(土)も引き続きご迷惑をかけてこのセミナーに出席させて頂きますが、皆様の痛みやしびれ、関節可動域の改善に役立てたいと考えておりますので何卒ご理解願います。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒