「首」カテゴリーアーカイブ

首のしびれの原因

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

昨日来院された方は、1ヶ月ほど前から左のにビリッというしびれを感じるという方でした。

ご本人に思い当たる原因は無く、「こうやったらしびれが出る」という動作や姿勢があるわけでもありませんでした。

そこで、の周囲をていねいに触っていったところ、左の小後頭神経(下図の青い部位)に指先が当たると、いつものしびれが再現されました。

そこで、小後頭神経と隣接する胸鎖乳突筋癒着を、組織間リリース(ISR)の要領で指先でていねいにはがしました。

初診は1週間前で、昨日は2回目だったのですが、「この1週間はしびれの出る頻度が格段に少なくなりました」との事でしたので、同様の施術を行い、胸鎖乳突筋に負担がかからないようなデスクワーク時の姿勢に関するアドバイスを差し上げました。

このように、ますだ治療院では、問診や運動検査があまり役に立たない場合は、触診で問題の場所を探し出し、施術部位を決定します。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

首こりと頭痛、自律神経症状

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

先日、首こりによる頭痛があり、それに伴って胃痛などの体調不良を訴えて来院された方から、施術後のご感想をいただきましたので掲載させて頂きます。

voice14

お名前:H.S.様  年齢:46歳  性別:男

お悩みの症状:首からの頭痛⇒体調不良

コメント

初回で首の奥(?)のポイントを探し出して頂き、鍼によるひびきを感じるなどの反応を見ながら自身でも「ここが悪い所なんだ」と認識することが出来ました。

施術が終わってみると今までにない軽さを感じ、体調不良も大きく改善された様に感じ、初回でこんなに変わるのかとおどろきました。

その際に教えていただいたストレッチなどにより以降も調子良く過ごせています。

(以上、原文のまま)

 

この方は、長年、頭痛胃痛などの体調不良に悩まれており、胃については手術も受けたが改善せず、医師に「自律神経の問題」と言われていたそうです。

ご本人は、それらの問題の原因がにあるのではないかと考えられ、当院にいらっしゃいました。

初診時、を触診したところ、押すと痛く、頭にひびく場所があったので、そこに付着している筋肉を中心にトリガーポイント治療を行ったところ、直後より症状の軽減を自覚されました。

自律神経の不調との関係は、まだよくわかっていませんが、疲労感頭痛めまい吐き気などのいわゆる自律神経症状をお持ちの方が、同時に首こりを訴えられるケースは多く、その中には、この方のように首こりに対する施術で自律神経症状が改善する例があります。

もちろん自律神経症状の原因は様々ですし、運動器疾患のように「こう動かすと痛む」などの再現性に乏しいため、適応・不適応の判断は難しいのですが、病院での検査で原因がわからず、首こりとの関連が疑われる方は一度ご相談下さい。

 

⇒書いてる人を見る

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

首の痛み、肩の痛み

こんにちは!首の痛み肩の痛みにも対応する神奈川県鎌倉市ますだ治療院です。

先日、長年の首の痛みでお悩みの奥様と、肩の痛みでお悩みのご主人について、奥様から施術後のご感想をいただきましたので掲載させて頂きます。

img_20160926_0001_new

お名前:Y.G.様 年齢:54歳 性別:女

お悩みの症状:右側首の痛み

コメント

7年ほど痛かった右首が、初回の鍼治療で痛みを感じなくなりました。

病院のリハビリやマッサージにも通いましたが、一時的に症状が軽くなってもすぐに元に戻っていました。その後2週間になりますが、今でも調子いいです。

治療後にタブレットの解剖図で、トリガーポイントがどこであったかなどの説明もしていただいて、とても良かったです。

主人も8ヵ月ほど前から肩に痛みがあり、ジムでのトレーニングが出来ない状態でしたが、一度の鍼治療で80%ほど軽減されたと喜んでいます。これからも夫婦でお世話になりますが、よろしくお願いします。

以上、原文のまま

奥様の長年の首の痛みは、病院で「フラットネック(ストレートネック)が原因」と言われていたようですが、私は、頚板状筋という首の筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome:MPS)とみて、その筋肉にはり)施術を行うことで症状は劇的に改善しました。

ストレートネックだから」「骨の異常だから」と首の痛みをあきらめている方もいらっしゃいますが、このように筋肉(やそれを包む膜)への施術で改善するケースは少なくありません。

また、ご主人の肩の痛みは、医師から「ローテーターカフ(回旋筋腱板)の炎症」と言われ、4週間安静にしたが痛みが改善しなかったというものですが、棘上筋・棘下筋・肩甲下筋など肩の深部の筋肉にはり)施術を行うことで、こちらも劇的に改善しました。

ご主人のような症状は、病院で「五十肩(四十肩)ですね。長くかかりますよ」などと言われることも多いですが、このように短期間で改善するケースもあります。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたらまずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる