「雑感」カテゴリーアーカイブ

ガタガタうるさいアイツを黙らせました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

当院では、患者様ごとにベッドカバーやタオル類をすべて交換するため、やむなく営業時間中も洗濯機や乾燥機が動いています。

最近来院された方はおわかりになると思いますが、このところ洗濯機の方の調子が悪く、脱水のたびに「キュルキュル」「ガタガタ」うるさい音を立てるようになってしまいました。

普段でも、「患者様に迷惑かな」と気にしているのに、さらに大きな音はありえないので、Google先生に聞いたところ、「Vベルトというものを交換すると、音やガタつきが直ることがある」「自分で交換すればベルト代の数百円のみで済む」ということがわかりました。

早速、洗濯機のメーカーに電話して、Vベルトの注文をしようとしたところ、「Vベルトの販売はしておりません」「ベルトのサイズもお教えできません」との回答。

しょうがないので、翌日の定休日に出勤して、洗濯機をひっくり返してVベルトをはずし、ベルトに印字してあるサイズを確認して、近所のホームセンターで同サイズのVベルトを買ってきました。528円でした。(下は、はずしたVベルト)

さて今度は、買ってきたベルトを装着するのですが、ちゃんとした工具が無かったので、これが結構難しかったです。

途中で断念しかけましたが、ネットの「小さい方の輪っかからかける」「自転車のチェーンをかける要領でやる」という情報をもとにやってみたところ、ほとんど工具を使うことなく装着できました。

翌日洗濯してみると、なんということでしょう!「キュルキュル」「ガタガタ」という音はしなくなっていました。めでたしめでたし。

というわけで、これからは(まあまあ)静かな環境で施術を受けて頂けます。

洗濯機の不調だけでなく、お体の不調も改善するますだ治療院のホームページはこちら

⇒書いてる人をみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

投票すると2,500円オフ!

8,901円こんにちは!神奈川県鎌倉市で筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

本日、衆院選が公示されましたね。鎌倉は市長選も重なるので10月22日はダブル選挙です。

今回も、ますだ治療院は「選挙割」を実施します。具体的には、今回の衆院選に投票された方は、初回の料金7,500円を5,000円に割り引きます。

ご希望の方は、投票所で「投票済証明書下さい」と言ってもらって、来院時にお持ち下さい。投票日より1か月間有効とします。

期日前投票でももらえます。こんなものです↓

当院以外にも、湘南地区を中心に230軒のお店で色々なサービスが受けられます。詳しくはこちら

しっかり考えて(ここ大事)、投票して、色んなサービスを受けて下さい!

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

投票するといいことが

ファイル 2016-07-09 8 42 31

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

先日の定休日に、参院選挙の期日前投票に行ってきました。鎌倉市役所で投票を行ったのですが、ちょうどお昼だったせいなのか投票所はガラガラでした。

前回の衆院選もその前の参院選も、投票率は52%台と非常に低く、私ごときが言うのも何ですが「日本は大丈夫なのか?」と思ってしまいます。

そこでというわけでもないのですが、ますだ治療院では10年ほど前から、「みらいは僕らの手の中プロジェクト~選挙行こうぜ!~」という投票率を上げる活動に、サポートショップとして参加しています。

これは、投票の際に、上のような看板とのツーショット写真を撮るか、下のような投票済み証明書をもらい、サポートショップで提示すると、お店ごとに様々な特典を受けられるというものです。詳しくはこちらのサイトへ。

ますだ治療院では、「初診の料金から1,000円OFF」としていますが、初診以外の方にも何か考えますので、来院時にご提示下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ファイル 2016-07-09 8 43 24

とと姉ちゃんと暮しの手帖

IMG_2996

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

みなさんは、朝ドラってご覧になってますか?

私は今、生まれて初めて連続してNHKの朝ドラを観ています。それは、暮しの手帖誌の生い立ちに興味があるからです。ご存知の方も多いと思いますが、今やっているとと姉ちゃんは、暮しの手帖創刊者:大橋鎭子の自伝的ドラマです。

私は、実家の母が定期購読していて、家の本棚にあるのを小学生のころから読んでいました。我が家では漫画などは買ってもらえませんでしたので、活字なら何でも良かったのですが、当時の私には結構面白かったようで、毎号欠かさず読んでいました。今考えると変な小学生ですね。

そして、いつ頃からかこの雑誌の凄さに気づきました。それは例えば、当時よく掲載されていた家電や日用品の比較テストで、厳しい評価を実名入りで平気で載せたり、時にはそのジャンルの存在自体を否定するような結論でしめたりしていて、それは、広告を取っていないからこそできること、そして広告なしで雑誌を出すのがどれほど大変な事なのかということです。

そして、「誌面の美しさと言論の自由を守るため広告は載せない」というこの雑誌の姿勢に共感して、ますだ治療院でも開業以来15年以上、定期購読しています。

とと姉ちゃんでは、これから鎭子が、初代編集長:花森安治(ドラマでは花山伊佐次)と再会して暮しの手帖が創刊されるんでしょうね。そのあたりの事は私も知らないので楽しみです。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

体表解剖学研究会

067B

こんにちは!神奈川県鎌倉市トリガーポイント鍼・手技療法を行っているますだ治療院です。

昨年から、たびたび土・日にお休みを頂いて参加していた体表解剖学研究会の、運動器系体表解剖セミナーの全日程が先週末で終了しました。

通院中のみなさんには大変ご迷惑をおかけして参加していたわけですが、このセミナーはそれほど私にとって重要なものでした。

この研究会は、筋肉・骨・神経など運動器の構造を3次元的に理解し、これらを体表から正確に触わりわける方法を研究しています。そしてこのセミナーでは、2人1組になってお互いの体を使って、触りわけた筋肉をマジックで描いて、講師にチェックしてもらいます。

090A

これがなかなか難しく、今までさんざん触ってきたはずの筋肉でさえ正確に取ることはできません。さらに、解剖書と違う新事実や、個体差による多くのバリエーションが存在することも知りました。そして、恐ろしいことに私を含めほとんどの医療職が正確に触察ができていないという事実を知ることになりました。

特にトリガーポイント療法を行う者にとって、正確に体を触れることが最も大切と言っても良いと思いますので、体表解剖において日本のトップレベルの先生方から直接指導を受けられたのは、非常に貴重な経験でした。今後の臨床に生かして、みなさんにご迷惑かけた分をお返ししたいと思います。

ご指導いただいた講師の先生方、体を貸して頂いた参加者の方々、本当にありがとうございました。数年後に再受講したいと思いますのでその際はよろしくお願いします。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる