「手のしびれ」カテゴリーアーカイブ

腕や手のしびれと胸郭出口症候群または筋膜性疼痛症候群(MPS)

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

当院に手のしびれでいらっしゃる方は、事前に整形外科で頸椎症頸椎ヘルニアなどと言われていることが多いです。

しかし、当院では頸椎以外への施術で楽になる方が多いことから、実際には胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)または筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)といわれる病態の方が多いのではないかと推測されます。

【胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)とは】

鎖骨周辺の筋肉などが腕や手に行く神経・血管を圧迫することによってしびれ・痛みが出るというものです。

代表的な障害部位は、①前・中斜角筋の間、②鎖骨下筋と肋骨の間、③小胸筋と肋骨の間です。(下図参照)

【筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)とは】

「筋膜と筋膜」や「筋膜と神経や血管を包む膜」が癒着や滑走不全(滑りの悪さ)を起こすことによってしびれや痛みが出るというものです。

メカニズムのとらえ方に違いはありますが、胸郭出口症候群と同じような部位の問題が考えられます。

また、筋膜性疼痛症候群の場合は、肩甲挙筋や棘下筋(下図の青い部位)などが原因になっていることもあります。

 

【腕や手のしびれに対する治療】

ますだ治療院では、上記のような部位に、組織間の癒着や滑走性を改善させることを目的に、筋膜リリースや鍼(はり)治療を行います。

手のしびれの原因には、胸郭出口症候群筋膜性疼痛症候群以外にも以下のようなものがあります。あてはまる場合には整形外科、脳神経外科などの受診をお勧めします。

【親指~薬指の半分のしびれ】

手のひらの下を叩いたり、手の甲と甲を合わせると親指~薬指の半分のしびれが強くなると、正中神経が手のひらの下の方で圧迫される手根管症候群の可能性があります。

【小指~薬指のしびれ】

肘の内側を叩いて小指~薬指のしびれが強くなると、尺骨神経が肘のあたりで圧迫される肘部管症候群の可能性があります。

【手の甲(親指側)のしびれ】

しびれのある方の手首が上に曲げづらいようなら、橈骨神経麻痺の可能性があります。

【両手両足のしびれ】

両手両足が同時にしびれる場合には、頸髄の問題末梢神経の変性疾患の可能性があります。

【片側の手足のしびれ】

片側の手と足が同時にしびれる場合や、口のしまりがおかしい場合には、脳腫瘍脳血管障害などの可能性があります。

ご自身の手のしびれの原因がよくわからない方は、ご相談下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる