「サーフィン」カテゴリーアーカイブ

耳に入った水が抜けない!

こんにちは!神奈川県鎌倉市で筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っている、ますだ治療院です。

今回は、筋膜リリースともパーソナルトレーニングとも関係ないお話です。

私は趣味でサーフィンをやるのですが、近年、サーフィン中に耳に入った水が抜けにくくなってきました。

特に今年の夏になってからは、一度入ると一晩寝ても抜けなくなってしまいました。

それがイヤで、耳栓をして海に入るようにしていたのですが、先日何かの拍子に耳に水が入ってしまい、2日経っても3日経っても抜けなくなってしまいました。

片耳でもふさがっていると会話も聞き取りづらいですし、何より気持ち悪いので、何とかしようと色々試してみました。

先輩サーファーからのアドバイスやネットの情報から、「仰向けでしばらくアーウーアーウー言ってから横になる」「レンジで温めたホットパックに耳を当てる」「ティッシュのコヨリを耳に突っ込む」などやってみましたがどれもダメ。

次に、近所のサーフショップに相談したところ、下の写真のような耳の水抜き剤を勧められました。これを耳に2~3摘たらして奥まで入れたら耳を下にして水を抜くというものです。

サーフショップの方は、「俺はひどいサーファーズイヤー(骨が増殖して耳の穴が狭くなる病気)だけど、これを使えば大丈夫」と言われ、期待しましたがこれもダメ。

結局、耳鼻科にお世話になる事にしました。耳にカメラを入れてもらったところ「サーファーズイヤーもあるけど耳垢ですね」「綿棒使ってるでしょ」と言われ、バキューム一発で解決。

確かに私、サーフィン後に綿棒で耳掃除するのが習慣になっていました。

耳鼻科の先生によると、「綿棒使うと耳垢を奥へ奥へやっちゃうんですよ」「そこに水が入って、サーファーズイヤーで狭くなった耳の穴を塞いでしまったんだと思いますよ」とのこと。

そして、「耳掃除するなら竹のへらのようなタイプのもので掻き出すように」「あまり奥まではやらない」「頻度は月1回程度で」「綿棒は使わないように」と言われました。

同様の方の参考になれば。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

サーフィンと肩の痛み

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

先日、サーフィンと腰痛について書きましたが、今日は、腰痛と同じくらい相談を受ける肩の痛みについて書きたいと思います。

サーファーのみなさんは、パドリングの時に痛みがあるとストレスですよね。サーファーでない方も参考になさって下さい。

 

【肩関節は一つじゃない】

肩関節を指さして下さい」と言うと、多くの人は上の①のあたりを指されると思います。

しかし、実際には、それ以外にも②③や、肩甲骨と肋骨の間④も関節として同時に動きます。

これらが全てスムーズに動いてはじめて、ストレスのない腕の動きになるのです。

 

【肩の痛みの原因】

上記の関節の動きには、それぞれいくつかの筋肉が関わっています。

それらの筋肉が、お隣の筋肉とくっついたり、クッションの役目の滑液胞(かつえきほう:上の青い部分)とくっついたりすると、スムーズに伸び縮みできなくなります。

筋肉がスムーズに伸び縮みしないと、関節の動きが異常になり、軽いうちは音がしたり、ひどくなると痛みが生じます。

 

【肩の痛みの予防】

の動きには、ほぼ全身の動きが連動しているので、全身の動きを良くしておく必要があります。

方法は、ヨガやピラティス、ストレッチや体操など、全身を動かせれば何でもよいと思います。

そのなかでも上のイラストのような、肩甲骨を動かす動きは、意識的に取り入れていただきたいです。デスクワークや家事で、肩甲骨を固めて、腕の動きだけになっている人は多いです。

 

【肩が痛くなってしまったら】

が痛くなってしまったら、ご自分で筋肉や滑液胞の癒着を見つけてはがすことは不可能です。

痛みを我慢して動かしていると炎症を起こすおそれがありますので、痛む動きは避け、専門家に診てもらって下さい。

寝る時にも痛むような場合は、マクラやクッションなどで腕を内旋内転(三角筋で吊っているような形)させた姿勢でお休みになると楽な方が多いです。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

サーフィンと腰痛

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

よく腰痛持ちのサーファーに「サーフィンって腰痛に悪いんでしょ?」と聞かれます。

確かに長時間のサーフィンに負担をかけます。しかし、ケアをしながら適度な時間サーフィンを楽しむことは、むしろ腰痛のために良いと私は思います。

腰痛持ちのサーファーのみなさんは、ぜひ以下の記事を参考になさってサーフィンを楽しんでください。

 

【サーフィンで負担のかかる筋肉 1】

サーフィンでは、ボードに立っている時間よりパドリングしている時間の方が圧倒的に長いと思います。

その時、無理に背中を反らせて漕いでいると脊柱起立筋多裂筋大臀筋(下図の青い部位)が疲れて、それが蓄積すると腰痛の原因になります。

私も昔、大きく背中を反らせてパドルするように教わりましたが、そうすると上記の筋肉が緊張して硬くなり、その結果、筋膜でつながっている腕を動かす筋肉まで動きが悪くなってしまいます。

ですので、パドリング時の背中の反りはほどほどにして、やお尻を固めず、できるだけ全身を使って漕ぐことをお勧めします。

また、サーフィン後に上記の筋肉をテニスボールなどでセルフマッサージしておくと良いと思います。

 

【サーフィンで負担のかかる筋肉 2】

サーフィンのライディング中に負担がかかるのは、後ろ足の股関節内旋筋である小殿筋(下図の丸印の深部)や股関節内転筋群(下図の青い部位)です。

レギュラースタンスの方は、右足の太ももを内側にひねりながら腰を落とす姿勢になりますよね。その時に負担がかかるのがこれらの筋肉です。これらの筋肉の疲労が蓄積すると腰痛股関節痛の原因になりますので、こちらもサーフィン後にセルフマッサージをお勧めします。

小殿筋はテニスボールを転がしておいてその上に横向きで寝てセルフマッサージ、内転筋群は下のようにフォームローラーを使ってのマッサージをお勧めします。(画像はトリガーポイント™さんのサイトよりお借りしました)

 

【本当にサーフィンが腰痛の原因?】

ご自分の腰痛の原因がサーフィンだと思い込んでいる人は多いですが、実はそれより日常生活の中に原因がある方も少なくありません。

例えば、デスクワーク中心の方は、サーフィンをしている時間よりも椅子に座っている時間の方が圧倒的に長いですよね。その時の姿勢が悪いとへの負担は大きいです。

具体的には、座っている時に骨盤が立っているか寝ているかです。立っているのが良い姿勢(下図右)、後ろに寝ているのがに負担のかかる悪い姿勢(下図左)ということです。

これは、サーフィンの波待ちの時も同じです。常に骨盤を立てることを意識して下さい。

また、どんなに良い姿勢でも長時間になるとには負担です。デスクワークなら立ち上がるとか、波待ちなら腹ばいになるなどして、連続して同じ姿勢にならないように工夫して下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる