足に良い靴ってどんな靴?

私は革靴も大好きで、年に数回しか履かないドレスシューズやブーツが何足もありますが、長時間歩くのには、やはりスニーカーが適しています。

そのスニーカーの中でも、足の機能解剖上、良い靴とそうでない靴があります。今回は、私が靴を選ぶうえで特に大切だと思うポイントを上げますので、みなさんの靴選びの参考にして下さい。

【ポイント1.かかとがしっかりしている】

かかとの部分が柔らかすぎて歩くときにグラグラすると、足全体の骨のアライメント(位置関係)がおかしくなり、様々な痛みの原因になります。

かかとの部分を左右からつまんで、簡単につぶれるようだと柔らかすぎます。下の写真の靴はしっかりしています。

【ポイント2.前半分が適度にねじれる】

歩くときは、足の前半分がねじれたり戻ったりを繰り返します。これを邪魔するほど硬くても、過剰にねじれても足を痛める原因になります。

靴のかかとを持って前の部分をねじってみて下さい。硬くてねじれないのも柔らかすぎてグニャグニャなのも問題があります。

【ポイント3.指の付け根で曲がる】

歩行時の蹴りだすときは、足の指の付け根が曲がります。これを邪魔しないように靴も曲がるのが理想です。

全然曲がらなかったり、指の付け根以外のところで曲がるものはNGです。下の写真の靴はOKです。

いかがだったでしょうか?他にもサイズ選びやインソール(中敷き)など言い出したら切りがないのですが、特に長時間はく靴に関してはしっかり選んでください。靴は、外反母趾や足底腱膜炎など足のトラブルだけでなく、ひざ痛や腰痛、姿勢などにも影響をおよぼす可能性があります。

ますだ治療院では、「足のトラブル解消コース」を行っております。内容は、

①足のトラブルについてお話をお聞きする

②動作を見させていただく

③靴を見させていただく

インソールを試着していただく

⑤その方にとって必要なエクササイズや日常生活の注意点をご説明する

⑥その方に合ったインソールを取り寄せ、靴に合わせてカットする(希望者のみ)

です。料金は、5,000円(約50分)で、インソールをご希望の場合は別途実費(3,800~6,000円)がかかります。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です