まったく違うインソール

先日、インソール(靴の中敷き)の講習会に参加しました。

足(足首から下)はとても大事で、足の形によって、外反母趾や足底腱膜炎など足のトラブルだけでなく、ヒザや腰、姿勢などカラダの色々に影響しています。

その足の形を変えるインソールには大きな可能性があるのではないかと思い、最近、色々なインソールを調べていましたが、今回講習を受けたインソールは、他のものとコンセプトがまったく違いました。

上の写真のようにアーチがつぶれて足が内側に倒れる、いわゆる過回内(オーバープロネーション)の状態が足のトラブルの原因なら、アーチを補正すれば良いように思えますよね。

実際ほとんどのインソールは、「土踏まずのアーチや横アーチの部分を高くしてサポートする」というコンセプトで作られています。

しかし、こちらのインソールは、アーチの部分を直接持ち上げることはせず、「アーチができるために必要な関節の動きをサポートする」というコンセプトで作られています。

なぜかというと、実際の歩行やランニングの際には「アーチはできたりつぶれたりを繰り返している」からです。

この「できたりつぶれたり」を適正なタイミングで行わせることがこのインソールの目的であり、ただ土踏まずを下から持ち上げても足本来の働きをするためのアーチはできません。

また、「できたりつぶれたり」のうちの一場面だけを切り取った足の評価や足形測定はあまり意味がないとの事でした。

その場では、いくつかのメジャーなインソールとの比較も行い、足の動きの改善、関節可動域の改善などを比べましたが、結果はこちらのインソールが断トツでした。

というわけで、ますだ治療院でもこのインソールを取り扱うことにしました。近日中に詳細をお知らせできると思います。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です