冷やすべき?温めるべき?

痛みがある時に、冷やすべきか温めるべきか迷うことがあると思います。私も患者さんによく聞かれますが、このように答えています。

【炎症があれば冷やす、それ以外は温める】

「ぶつけた、ひねった、引き延ばした」直後で、「腫れた、赤くなった、熱を持った」状態は、炎症があると考えられるので、迷わず冷やします。

また、スポーツや作業で同じ部位を酷使した直後に、「腫れた、赤くなった、熱を持った」場合も、同じように炎症と考えて冷やします。

上記以外の痛みは、基本的に温めることをお勧めしています。

【冷やすとどうなる?】

冷やすことによって、患部の血流が低下して、それ以上炎症が広がらないようにします。

また、「冷たい!」という感覚で痛みを感じにくくする効果もあります。

しかし、それ以上の効果はなく、炎症期を過ぎても冷やし続けることで、ケガの修復などに必要な血流の不足など、逆効果なことも考えられます。

【温めるとどうなる?】

温めることによって、患部の血流が増加して、ケガの修復や痛み物質の除去を早めます。

また、副交感神経を刺激して、筋緊張の緩和などの効果が期待できます。

しかし、炎症があるのに温めてしまうと、さらに炎症が広がり、痛みが増す恐れがあります。

【迷ったらどうする?】

炎症の時期が過ぎて慢性期に入ったら(炎症は、通常2~3日でおさまります)、「冷やす」から「温める」に切り替えるべきなのですが、その見極めに迷うことがあります。

その場合は、「何もしない」をお勧めします。「何もしない」と痛みが気になる方はシップが良いと思います。

シップは、冷やす効果も温める効果もあまりないので(製薬会社さんゴメンナサイ)間違えても悪化することは考えにくいです。

【どうやって冷やす?】

氷のうやビニール袋に氷と水を入れて、包帯などで患部に押し当てるようにできるとベストです。

保冷剤を使う場合は、必ずタオルなどで包んで、凍傷にならないように注意して下さい。

時間は、部位にもよりますが、20分を目安にして、長時間冷やしすぎないでください。

【どうやって温める?】

ホットパックや使い捨てカイロなどで患部を温める方法と、お風呂や運動など全身を温める方法があります。

患部を温める場合は、服の上から行うなど、低温やけどに注意して下さい。

お風呂や運動でウォーミングアップしてから動かすと痛みが軽減する場合もあります。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です