腰痛の原因はアライメント?モーターコントロール?それとも認知の歪み?

当院は、筋膜リリースや組織間リリースをうたっているため、「万病の元は筋膜(またはfascia)説の人」と思われているかもしれませんが、そうではありません。

筋膜(またはfascia)の癒着や滑走不全だけを解消しても、問題の解決に至らないケースは多いです。

そこで、腰痛を例にとって、私が考える主な原因を上げてみます。

①アライメントの問題

背骨のカーブや骨盤の傾きが適正でない。

②可動性の問題

背骨や股関節の動きがスムーズでない。

③安定性の問題

体幹を安定させる力がない。

④モーターコントロールなどの問題

腰を正しく動かすことができない。または、そもそも正しい動きを知らない。

⑤心理・社会的な問題

医療者の言葉や痛みが続くことなどによって、腰痛に対する間違ったイメージを持ったり、痛みに対して過敏な状態になっている。

実際には、腰痛の原因は単独ではなく、これらが複合的に組み合わさっていると私は考えています。

これらの中で、筋膜リリース(組織間リリース)が適応なのは①と②だけです。

ですので、③④⑤の問題がある方に対して、当院ではトレーニングとの組み合わせをお勧めしています。

原因①〜⑤については、次回から詳しく書きますね。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です