カラダの現状把握

こんにちは!神奈川県鎌倉市で筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っている、ますだ治療院です。

今回は、トレーニング指導の初回に必ず行う「カラダの現状把握」について書きたいと思います。

当院では、「その人の問題を解決するトレーニング」「その人にとって必要なトレーニング」を提供したいと考えています。

そのためには、「その人の何と何が問題なのか」「その中で優先して改善すべきはどれなのか」「その問題の原因は何なのか」という「カラダの現状把握」がなされる必要があります。

どのようなプロセスで行っているか、順を追ってご説明します。

 

【1.ヒアリング】

まず、ご本人の感じている問題点(背中が丸い、腰が痛い、など)やトレーニングの目的(腰痛改善、フルマラソン完走、など)をお聞きします。

 

【2.動作評価】

次に、FMS(Functional Movement Screen、下の画像参照)という評価法などを使って苦手な動作を見つけ、複数あれば優先順位を付けます。

 

【3.動作分析】

優先順位の高いものの動作を分解して、どこが問題でその動作がうまくいかないのかを見つけます。

例えば、足がうまく上にあがらない原因は、股関節後面の硬さと体幹の弱さである、など。

 

【4.総合評価】

1でお聞きした問題点や目的と、2と3で明らかになった問題をつなげて考えます。

例えば、股関節がしっかり曲がらないせいで腰に負担がかかっている可能性がある、など。

 

このように、カラダの現状が明らかになると、やるべきトレーニングがはっきりします。

例えば、フルマラソン完走のための腰痛対策に、まずは股関節後面のストレッチと体幹のトレーニングをやりましょう、など。

逆に、カラダの現状把握をやらないままトレーニングをやっても、その人の目的にかなっているかどうかわかりませんよね。

下の写真は、股関節後面のストレッチです。ご参考までに。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です