歩くのは(走るのは)腰痛に良い?

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリースパーソナルトレーニングを行っているますだ治療院です。

先日来院された患者さんから「毎日頑張って歩いてるのに腰痛が悪化しました。歩くのは腰に良いんですよね?」と聞かれました。

ランニングをされている方からも同じような質問を受けることがありますが、私の答えは「人によります」です。

詳しく言うと、正しい恰好で歩けている(走れている)人にとっては良いですが、それが出来ていない人は、かえって腰に負担をかけている可能性があります。

例えば、股関節の前への可動範囲が狭い人は、下の写真のように、足を上げると、股関節がしっかり曲がらない代わりに、腰を丸めている可能性があります。

また、股関節の後への可動範囲が狭い人は、下の写真のように、股関節がしっかり伸びない代わりに、腰を反らせている可能性があります。

股関節の前後が硬い人は結構多いのですが、そういう人は歩くたびに腰を丸めたり反らせたりを繰り返していることになります。

そうなると、歩けば歩くほど(走れば走るほど)腰に負担がかかるという事になります。

本来、「腰は安定していてほしい所」「股関節はしっかり動いてほしい所」なのです。

腰を安定させるにはコアのトレーニング、股関節をしっかり動かすには前回ご紹介した「アクティブストレッチ・ワールドグレイテスト」などがオススメです。

(つづく)

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です