ランニングの初歩の初歩を教わってきました その2

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は、再び藤原商会代表の藤原岳久さん主催の木曜ランにお邪魔して、引き続きランニングの初歩の初歩を教わってきました。(前回の記事はこちら

今回も湘南ひらつか太古の湯(日帰り温泉施設)に集合して、みんなでストレッチの後、約2キロ先の平塚競技場へジョギングで移動しました。

参加メンバーの顔ぶれは前回と少し違いましたが、今回も初心者は私だけで、皆さんレースに向けて頑張っていらっしゃる方ばかりでした。

藤原さん(上の写真の方)が、初心者の私に意識する様に言われたことは、まず前回同様、上体が前に倒れてから足が出るようにということ、後ろ足が軽やかに地面を蹴ることに加えて、蹴った後ろ足をハムストリングスの力でお尻に引き付けることでした。

今回は、それらを意識してトラックを1km7分のペースをキープして2000m走りました。一定のペースで走ることも長距離走には大切なことだという事でした。今後の通勤ランで反芻(はんすう)したいと思います。

その後、再び湘南ひらつか太古の湯までジョギングで戻り、ストレッチした後、温泉で疲れを癒しました。今日は寒かったので、露天風呂が特に沁みました。

木曜ランにご興味のある方は、藤原商会のサイト をご覧ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です