ジムに通う前に読む本

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

先日、東京大学の桜井静香先生の書かれた「ジムに通う前に読む本」(講談社)を読みました。

これはスポーツ科学からみたトレーニングの本なのですが、とてもわかりやすかったので、その一部を紹介させてもらいます。

 

【筋力トレーニングの意味は?】

消費エネルギーに関わる最大の器官は筋肉なので、筋力トレーニングシェイプアップに効果大。

また、糖尿病、高コレステロール、動脈硬化、骨粗鬆症などの病気の予防・改善への効果が期待できる。

さらに、トレーニングによって記憶力が向上したという報告もある。

 

【どういう順番でトレーニングする?】

脂肪燃焼には、筋力トレーニング→有酸素運動の順が効果的。

初心者の場合、ウォーミングアップで全身運動や動的ストレッチ(10分)、筋力トレーニング(20~30分)、クーリングダウンで全身運動や静的ストレッチ(10~15分)くらいが基本。

また、筋力トレーニングは、体幹(胴体)に近い大きな筋肉から先に鍛えるのが効果的。

 

どの程度のトレーニングをすべき?】

筋力トレーニング強度については、その人の1RM(1回しか反復できない重さ)を基準に、筋持久力アップにはその60~70%、筋肉づくりには75%以上の負荷が必要。具体的には、8回ギリギリできる重さで1セットから始める。

また、筋力トレーニング頻度については、トレーニングで消耗した筋力や筋持久力が回復し元の体力レベルを超えた時期(超回復期)をとらえてトレーニングを行うのが効果的で、1週間に2~3回程度が妥当だとする研究報告が多い。

 

【シェイプアップに効果的な食事は?】

一度の食事量を減らし、回数を増やす。

ごはん、パン、パスタなどの炭水化物を夜は控える。

タンパク質、ビタミン、カルシウムはしっかり摂る。

ケーキなど脂肪+砂糖を控える。特に食後は貯蔵脂肪に変換されることにつながる。

 

【最後に】

痩せるサプリとか腹筋が割れる機械とか宣伝されていますが、実際にはトレーニング食生活改善以外にシェイプアップの方法は無いと思います。

どうせやるなら効果的なやり方でやりたいですよね。さらに詳しくお知りになりたい方は読んでみて下さい。 Amazonでみる

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

ますだ治療院のパーソナルトレーニング

ますだ治療院で行っているパーソナルトレーニングのご紹介です。

①痛みなく動けることが目的です

いわゆる筋トレは「筋肉を大きくすること」が目的ですが、当院のトレーニングは「痛みなく動けること」が目的です。

そのために必要な、「安定すべき関節がしっかり安定し、動くべき関節がスムーズに動き、それらが同時に行われること」ができるようにトレーニングします。

 

②その人にとって必要なトレーニングを処方します

最初に全身の動作評価を行い、苦手な動きを分析して「どこがどう問題なのか?」をわかりやすくご説明します。

姿勢のくずれも、関節の動きの悪さの結果ですので、動きを評価することが姿勢の改善にもつながります。

評価には、他職種との共通言語にもなるFMS(Functional Movement Screen下図参照)やSFMA(Selective Functional Movement Assesment)などの評価法を用います。

また、その方の体力レベルやご希望を考慮した、ご自宅でもできるトレーニングメニューを作成します。(画像はPhysiopediaさんよりお借りしました)

 

③入会金や月会費はありません

1回の費用は5,000円(約50分)で、それ以外の費用はかかりません。プリペイドカードご購入の場合は1回4,500円です。

 

④頻度は自由に決められます

「週1回通ってトレーニング」「基本自宅トレーニングで月1回のチェック」などご自分のペースでご利用いただけます。

約50分間で、フォームのチェックを行い、必要に応じてトレーニングメニューの内容を修正します。

また、イベントや企業などでの健康教室などにも対応しておりますので、こちらのフォームまたは0467-23-1355までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

手をついた時の肘の痛み

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

昨日の症例です。訴えは、手をついたり、手首を動かすとが痛むというものでした。

まずは、痛む場所と痛みの出る動作から、いわゆるテニス肘(上腕骨外側上顆炎)を疑って、手首を動かす筋肉(手関節伸筋群:下図の青い部位)の筋膜リリースを行いました。

リリース後に手をついてもらって聞いたところ「少し楽になった気がします」との回答。患者さんがこういう言い方をされた場合は、ほぼ的外れです。

そこで、今度は肘筋(ちゅうきん:下図の青い部位)を触ったところ「先生、そこです!僕の悪い所そこです!」と声を上げられました。

そこで肘筋をていねいにリリースした後、もう一度手をついてもらったところ、「全然痛くないです!」との事。「これでサーフィンのテクオフやドルフィンスルーが楽になります」と喜んで帰られました。

肘の痛みは、骨や関節の問題と思われている方も多いですが(この方もそうでした)、このように筋肉(筋膜)が問題のケースは非常に多いです。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる