セルフケア指導

ますだ治療院では、筋膜リリースストレッチ筋力トレーニングなどのセルフケアの指導を行っております。

慢性の痛み・シビレの改善には、ご自宅でのセルフケアが重要です。
しかし、その方にとって「必要なもの」を「効果的なやり方」で行わないと意味がありません。

筋力トレーニングを行っているが症状が改善しない」という方は、必要な筋肉に対するトレーニングになっていない可能性があります。また、そもそも、今のあなたに必要なのはトレーニングなのかどうかを検討する必要がある場合もあります。

痛みやしびれがあるという事は、多くの場合、筋肉や関節の動きに問題があります。それを改善せずにトレーニングをしても、効果が無いばかりか、誤った活動パターンを筋肉と脳に記憶させることになります。

順番としては、

①筋肉や関節の動きの悪さを改善する

②良い動きでトレーニングを行い、元に戻さないようにする

でなければいけません。

①の原因としては、皮膚と筋膜や筋間の滑りの悪さが多いです。その場合は、まず筋膜リリースを行い、スムーズな筋肉や関節の動きを獲得した後、それを維持する目的のトレーニングを行います。

院内でのマンツーマンのセルフケア指導の料金は以下の通りで、いずれもご予約を頂きます。

約30分 3,000円

約60分 5,000円

また、自治体や企業、お店などでの健康教室などにも対応しておりますので、こちらのフォームまたは0467-23-1355までお気軽にお問い合わせ下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

手をついた時の肘の痛み

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

昨日の症例です。訴えは、手をついたり、手首を動かすとが痛むというものでした。

まずは、痛む場所と痛みの出る動作から、いわゆるテニス肘(上腕骨外側上顆炎)を疑って、手首を動かす筋肉(手関節伸筋群:下図の青い部位)の筋膜リリースを行いました。

リリース後に手をついてもらって聞いたところ「少し楽になった気がします」との回答。患者さんがこういう言い方をされた場合は、ほぼ的外れです。

そこで、今度は肘筋(ちゅうきん:下図の青い部位)を触ったところ「先生、そこです!僕の悪い所そこです!」と声を上げられました。

そこで肘筋をていねいにリリースした後、もう一度手をついてもらったところ、「全然痛くないです!」との事。「これでサーフィンのテクオフやドルフィンスルーが楽になります」と喜んで帰られました。

肘の痛みは、骨や関節の問題と思われている方も多いですが(この方もそうでした)、このように筋肉(筋膜)が問題のケースは非常に多いです。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる