筋膜リリースとは

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今回は、筋膜リリースについて、あらためて説明させて頂きます。

最近、筋膜リリースという言葉がメジャーになってきましたが、実は筋膜という言葉もリリースの手法も定義がはっきりしておらず、実際には、同じ筋膜リリースと言いながら様々な施術が行われているのが現状です。

現在、当院で行っている筋膜リリースは、広島国際大学の蒲田和芳先生が提唱されている組織間リリース(Inter-Structural Release:ISR)という徒手療法(手による施術)です。

これは、筋膜だけでなく、皮膚、皮下組織、じん帯、関節包、神経などあらゆる組織間の癒着をはがし、滑走性(すべり)を回復させようというものです。(下の写真が組織間の疎性結合組織です)「ビジュアルで学ぶ筋膜リリーステクニック」医道の日本社より

組織間の滑走性が回復することで、筋肉のスパズム(ひきつり)や、関節のアライメント(配列)が改善し、関節可動域や痛み・しびれの改善が期待できます。

施術自体は非常にソフトなもので、皮膚をつまんだり、筋肉の間に指先を滑り込ませるなどして、ていねいに癒着をはがしていきます。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です