ピアニストの肘と指の痛み

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

当院には、様々な楽器の演奏者がいらっしゃいます。先日、痛みで来院された方は、音大受験を控えた学生ピアニストさんでした。音大を目指される方は皆そうですが、この方も休日は8時間ぐらい練習されるということでした。

 

痛みの方は、今練習している曲が親を意識するものらしく、弾いている時に親の付け根が痛むとのことでした。

そこで、親を色んな方向に力を入れてもらう運動検査で、いたんでいる筋肉を見つけました。この方の場合は、短母指屈筋(下図の青い部位)でした。

 

痛みの方は、練習しているとだんだんに両が痛くなってくるということでした。こちらは、を動かしてもらっての運動検査では痛みが出なかったため、の周囲を触って痛む場所を探す触診を行いました。

すると、左右とも肘筋(下図の青い部位)を押すと、練習中に出るような痛みが再現されました。

 

いずれも手でその筋肉を刺激し、ご自宅でもセルフマッサージができるよう指導させていただきました。また、長時間の同姿勢による肩こりや背中の張りも痛みの遠因になることを説明致しました。

整形外科などでは、痛みは関節の問題と言われる事が多いのですが、当院では筋肉の問題(筋膜性疼痛症候群)ととらえるケースが多いです。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

腰痛には腹筋もストレッチも逆効果?

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

「よくわかる腰痛症の原因と治し方」(秀和システム)という本を読みました。これは、中尾浩之先生という理学療法士が書かれた、一般向けの本です。

この本には、「腰痛にストレッチは逆効果」「コアトレーニングに腰痛改善の効果は期待できない」「腰痛には腹筋より背筋を鍛えるべき」など、一般に腰痛対策として言われていることとは異なる内容が書かれていて面白かったので、その一部をご紹介します。

※の部分は私の個人的意見です。

 

【腰痛にストレッチは逆効果】

ストレッチには、筋肉と腱の移行部に集中的に伸張刺激を加えることにより、筋肉の滑走性を構成している筋節(サルコメア)を増やし、柔軟性を向上させる効果があります。

しかし、筋肉が痛みなどによって過度な緊張状態にある場合は、筋腱移行部に効果的に刺激を与えることはできず、むしろ防御性収縮などで緊張が増してしまい、状態を悪化させてしまうことになります。

※強い痛みが起きる前に行うストレッチは、筋肉の柔軟性を高め腰痛予防に効果があると思います。要は「いためてからやってもダメ」ということです。

 

【コアトレーニングに腰痛改善の効果は期待できない】

体幹の深層筋(コア)を鍛えることによって腰痛を軽減するという考え方があります。深層筋が腹圧に関わっていることから、腹圧を高めて体幹伸展筋の負担を減らそうというものです。

しかし、これはあくまで意識的にコアに力を入れた時だけ作用する話で、鍛えたからといって普段から腹圧が高まった状態になるわけではありません。

※コアトレーニングが無意味とは思いませんが、確かにそれだけでは腰痛改善にはつながらないと思います。大前提として、痛みの原因は筋力不足より柔軟性、滑走性の低下です。

 

【腰痛には腹筋より背筋を鍛えるべき】

 

いわゆる腹筋運動は、腰痛の改善効果は認められておらず、場合によっては腰痛を引き起こす原因となるため、現在で推奨されなくなっています。

背筋(脊柱起立筋、多裂筋)を鍛えることで、腰の負荷への耐久性を高め腰痛を予防することができます。

※本にも書かれていますが、腰痛のタイプや時期によってケースバイケースだと思います。背筋のトレーニングで痛みが増すタイプの方もいらっしゃるので注意が必要です。

 

いずれにしても、「腰痛にはコレ!」的なものを鵜呑みにせず、ご自分の腰痛には何が必要かを考えて取り入れられると良いと思います。よくわからない方はご相談下さい。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

投票すると2,500円オフ!

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

本日、衆院選が公示されましたね。鎌倉は市長選も重なるので10月22日はダブル選挙です。

今回も、ますだ治療院は「選挙割」を実施します。具体的には、今回の衆院選に投票された方は、初回の料金7,500円を5,000円に割り引きます。

ご希望の方は、投票所で「投票済証明書下さい」と言ってもらって、来院時にお持ち下さい。投票日より1か月間有効とします。

期日前投票でももらえます。こんなものです↓

当院以外にも、湘南地区を中心に230軒のお店で色々なサービスが受けられます。詳しくはこちら

しっかり考えて(ここ大事)、投票して、色んなサービスを受けて下さい!

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

腕や手のしびれと胸郭出口症候群または筋膜性疼痛症候群(MPS)

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

当院に手のしびれでいらっしゃる方は、事前に整形外科で頸椎症頸椎ヘルニアなどと言われていることが多いです。

しかし、当院では頸椎以外への施術で楽になる方が多いことから、実際には胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)または筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)といわれる病態の方が多いのではないかと推測されます。

【胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)とは】

鎖骨周辺の筋肉などが腕や手に行く神経・血管を圧迫することによってしびれ・痛みが出るというものです。

代表的な障害部位は、①前・中斜角筋の間、②鎖骨下筋と肋骨の間、③小胸筋と肋骨の間です。(下図参照)

【筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)とは】

「筋膜と筋膜」や「筋膜と神経や血管を包む膜」が癒着や滑走不全(滑りの悪さ)を起こすことによってしびれや痛みが出るというものです。

メカニズムのとらえ方に違いはありますが、胸郭出口症候群と同じような部位の問題が考えられます。

また、筋膜性疼痛症候群の場合は、肩甲挙筋や棘下筋(下図の青い部位)などが原因になっていることもあります。

 

【腕や手のしびれに対する治療】

ますだ治療院では、上記のような部位に、組織間の癒着や滑走性を改善させることを目的に、筋膜リリースや鍼(はり)治療を行います。

手のしびれの原因には、胸郭出口症候群筋膜性疼痛症候群以外にも以下のようなものがあります。あてはまる場合には整形外科、脳神経外科などの受診をお勧めします。

【親指~薬指の半分のしびれ】

手のひらの下を叩いたり、手の甲と甲を合わせると親指~薬指の半分のしびれが強くなると、正中神経が手のひらの下の方で圧迫される手根管症候群の可能性があります。

【小指~薬指のしびれ】

肘の内側を叩いて小指~薬指のしびれが強くなると、尺骨神経が肘のあたりで圧迫される肘部管症候群の可能性があります。

【手の甲(親指側)のしびれ】

しびれのある方の手首が上に曲げづらいようなら、橈骨神経麻痺の可能性があります。

【両手両足のしびれ】

両手両足が同時にしびれる場合には、頸髄の問題末梢神経の変性疾患の可能性があります。

【片側の手足のしびれ】

片側の手と足が同時にしびれる場合や、口のしまりがおかしい場合には、脳腫瘍脳血管障害などの可能性があります。

ご自身の手のしびれの原因がよくわからない方は、ご相談下さい。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒