五十肩の原因と治療法

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は、五十肩原因治療法セルフケアの一例について書きたいと思います。

【五十肩とは】

実は、五十肩肩関節周囲炎)には、明確な医学的定義がありません。肩関節の痛みがあり、検査等で他の病名が付かなかったものが五十肩または肩関節周囲炎と呼ばれます。

ちなみに狭義の肩関節とは、下の図の丸印のあたりのことです。時々、矢印のあたりのつらさで「五十肩でしょうか?」と聞かれる方がいらっしゃいますが、多くの場合いわゆる肩こりです。

【五十肩の原因】

定義自体があいまいなので原因も様々ですが、肩関節周囲の筋肉や腱、関節を包んでいる膜(関節包)などが硬くなったり癒着して、動かす時に痛みが出ている事が多いと思います。

中でもよく見られるのが、腕を上げる時、肩関節後面の筋肉や関節包が硬いために、上腕の骨頭がうまく滑り込まず、骨頭の上の組織をはさみ込んでしまうパターン(肩峰下インピンジメント症候群)です。

【五十肩の治療】

整形外科での五十肩の一般的な治療としては、消炎鎮痛剤や湿布の処方や、肩関節周囲への注射などがあります。

セルフケアとしては、肩関節後面の棘下筋小円筋(下の図の青色の筋肉)へのテニスボールでのマッサージを試してみる事をお勧めします。

痛みの激しい時期は避けて、腕を上げた時だけ痛むようになったら、テニスボールを転がしておいて上に寝るか、壁との間にテニスボールをはさんで押しつけるようにして、棘下筋小円筋を気持ち良い程度にマッサージしてみて下さい。そのあたりの硬さが原因の場合は、手が上がりやすくなると思います。

ただ、最初に書いた通り、五十肩には色々なパターンがありますので、このやり方で可動域が変わらない方は、ご相談下さい。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる

肩こりの原因と解消法

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。今日は、一般的な肩こり原因とその解消法について書きたいと思います。

①肩こりの原因

多くの肩こり原因は、パソコンや携帯電話などによる「長時間の同姿勢」です。

その際、頭を支え続ける筋肉や、腕を空中で固定し続ける筋肉が疲労して硬くなり、その結果、血流が悪くなります。

そのような状態が繰り返されると、その筋肉に過敏な部位(トリガーポイント)が形成され、常に肩こり痛み、場合によってはしびれを感じるようになります。

②肩こりの解消法(対症療法)

上記の「頭を支える」にも「腕を固定する」にも関係している肩こりの代表的な筋肉が肩甲挙筋(下の画像の青いところ)です。

肩甲挙筋は、ご覧の通りその大部分を他の筋肉に覆われており、体表から触れるのはほんの一部です。また、うつぶせになると、その後ろの僧帽筋(矢印の筋肉)が覆いかぶさってしまい、マッサージや整体でも施術されないことが多いです。

ですので、他人に触ってもらう場合は、座った姿勢か、横向きに寝て腕を体の横~後ろに置くとやりやすいです。

ご自分で対処される場合は、座った姿勢で、矢印の僧帽筋をめくるように肩甲挙筋の奥に指をつっこんだまま、逆の方向に頭を倒してストレッチをすると、比較的簡単に刺激できます。

③肩こりの解消法(根本的改善)

肩こりの根本的な改善のためには、やはり原因を取り除くか減らすしかありません。つまり、「パソコンやスマホの時間を減らす」か、「その時の姿勢を負担の少ないものにする」という事です。

前者ができるに越したことはありませんが、難しい方も多いと思いますので、後者の姿勢について説明します。

例えば、デスクワークの時の理想的な姿勢は下の絵のようなものです。(「ビジュアルでわかるトリガーポイント治療」伊藤和憲監訳、緑書房より)

この姿勢を取るには、骨盤を立てて座ることが必須です。上半身だけ良い姿勢を取ろうとしても無理があります。

骨盤を立てて座るためには、骨盤の後に枕を挟んだり、座面が前傾した椅子に座るなどの方法もありますが、太ももの裏やお尻の筋肉をやわらかくしておく事も重要です。その際は、テニスボールやフォームローラーでマッサージした後にストレッチを行うのがお勧めです。

肩こりに太ももやお尻?」と思われるかもしれませんが、太ももやお尻が硬い→骨盤後傾→背中が丸くなる→頭が前に出る→首~肩の筋肉が疲れる、というのはよくあるパターンなのです。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

治らない腰痛は、上・中殿皮神経が原因?

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜性疼痛症候群に対するトリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

最近、一部で「治らない腰痛…お尻のでっぱり部分を押すと痛むなら上・中殿皮神経が原因か」というネット上の記事が話題になっています。(元記事はこちら

この記事では、「腰痛の1割が上・中殿皮神経の締め付けで起きているが、それを知る整形外科医は少ない」「治療法としては、神経ブロック注射と末梢神経剥離手術がある」としています。(下の図の青い部分が上殿皮神経)

私も、難治性の腰痛坐骨神経痛と言われているものの中に上・中殿皮神経の締め付け(というより癒着)が原因のものがあると思っていますが、治療としては、手で神経と筋膜との癒着をはがす筋膜リリース(組織間リリース)が、体へのダメージが少ないので、ファーストチョイスだと思います。

また、この記事では、お尻のでっぱり部分(上の図のピンクの丸印あたり)を押すと最も痛く、いつもの痛みやしびれが現れる場合は、上・中殿皮神経障害の可能性があるとしていますが、実際には判別はなかなか難しいです。

ご自身の腰痛やしびれが上・中殿皮神経障害かなと思われたら、まずはご相談下さい。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒

組織間リリース(ISR)のセミナーに参加してきました

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリーストリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

今日は治療院をお休みさせて頂いて、都内で行われた、組織間リリースISR)のセミナーに参加してきました。

組織間リリースISR)とは、広島国際大学の蒲田和芳先生が開発された手技療法で、筋膜筋膜の間にある疎性結合組織(下の画像参照、「ビジュアルで学ぶ筋膜リリーステクニック」医道の日本社より)の癒着を指先ではがすことによって、筋膜どうしの滑りを改善するテクニックです。

隣り合った筋肉が、別々の方向に動かなければならない事はよくあるのですが、その際それぞれの筋肉を包んでいる筋膜どうしがくっついたり滑りが悪いと痛みやしびれ、関節の動きが悪くなるなどの原因になります。

さらに、筋膜間だけでなく、筋膜と皮膚、筋膜と神経、筋膜と関節包など、様々な組織間でも癒着がおきる可能性があり、それらも施術対象となるため組織間リリースといいます。

最近、「筋膜リリース」や「筋膜はがし」という言葉がちょっとしたブームで、テレビや雑誌、ネット上などでも良く見るようになりましたが、蒲田先生によると、実際の筋膜自体は、手やフォームローラーで簡単にはがせるほどヤワなものではないそうです。

蒲田先生に直接ご指導いただくのは初めてでしたが、テクニック自体は非常に繊細で、かなり指先の感覚と解剖学の知識が求められるものでした。

9/23(土)と10/21(土)も引き続きご迷惑をかけてこのセミナーに出席させて頂きますが、皆様の痛みやしびれ、関節可動域の改善に役立てたいと考えておりますので何卒ご理解願います。

書いてる人をみる⇒

ますだ治療院のサイトをみる⇒

看板犬と鎌倉の波情報をみる⇒