ヘルニアや坐骨神経痛に効果ありますか?

019B

こんにちは!神奈川県鎌倉市筋膜リリース・トリガーポイント療法を行っているますだ治療院です。

先日メールで「腰椎椎間板ヘルニア坐骨神経痛に(おたくの施術は)効果がありますか?」というお問い合わせを頂きました。同様の質問をよく受けますので、お答えした内容をお書きします。

まずご理解いただきたいのは、坐骨神経痛は「お尻から足にかけての神経が痛む症状」でヘルニアはその原因になる「椎間板の飛び出し」の事です。

この「飛び出し」を、手や鍼(はり)で治せるかといえばそれは不可能です。しかし、当院にもヘルニアと言われて来られた方で良くなった方はたくさんおられます。

その理由は2つ考えられます。1つは「実際にはヘルニアではなかった」、もう1つは「ヘルニアもあったが痛みしびれの原因は筋膜など軟部組織の問題だった」です。

〇〇様の症状が、本当にヘルニアによる坐骨神経痛であれば、飛び出したヘルニアが吸収されるまでの時間が必要です。典型的なヘルニアの特徴は、「SLRテスト(仰向けで痛い方の足を持ち上げる)で足に激痛が走る」「足のマヒや筋力低下が起こる」「MRI検査で椎間板が飛び出している場所が、痛みの出ている場所と矛盾しない」などです。

もし上記に当てはまらない場合は、お尻や足の筋膜などが原因の可能性があります。その場合は、筋膜性疼痛症候群(MPS)といい、当院で行っているトリガーポイント療法が効果的です。

ますだ治療院では、 問診・運動検査・触診などで痛みしびれの原因(トリガーポイント)を探し、手または鍼(はり)で刺激をすることによって、局所の循環や滑走性の改善をはかります。

お尻や足に痛みやしびれがあると坐骨神経痛と思われがちですが、筋膜など軟部組織へのアプローチで改善するケースは意外に多いです。

ご自分の痛み・しびれは、もしかして筋膜性疼痛症候群?と思われたら、まずはこちらへご相談ください。

⇒書いてる人をみる

⇒ますだ治療院のサイトをみる

⇒看板犬と鎌倉の波情報をみる 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です